テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾  メルマガバックナンバー

e発明塾通信 vol.779(2020年11月16日号)「絹」の新たな用途は「環境にやさしい食品包装」だった

・・・ e発明塾通信 vol.779(2020年11月16日号)

「「「 「絹」の新たな用途は「環境にやさしい食品包装」だった 「「「 


おはようございます、「発明塾」塾長の楠浦です。


今日はひとつ、ご報告があります。

弊社Youtubeチャンネル

「知財・発明チャンネル」
https://www.youtube.com/channel/UCqGtfPRScTphHD1tFWQdGfw/

を、開設いたしました。

チャンネルご登録、周囲の方へのご紹介など、よろしくお願いいたします。


本題に戻ります。

本日は、過去に発明塾や本メール講義で取りあげたエッジ情報の続報、関連情報を取りあげます。

今回は

「フードテック」

関連です。


発明塾(学生向け)では、2011年頃に、

「環境負荷が少ない食品包装」
「保存期間を延ばせる食品包装」

などをお題に、発明 に取り組んでいました。


いつものように、その後の動向を調べていると、当時発明を出していた

「可食性」(たべられる)

食品包装の分野で、いくつかユニークな技術・企業が出てきていることがわかりました。

関連情報含め、紹介いたします。


英語力に自信がある方は、以下記事も参照ください。

(Six inventions for protecting our food with materials that protect the environment, too.)
https://apps.bostonglobe.com/ideas/graphics/2020/07/the-future-of-food/articles/ditch-those-plastic-packages/


英語力に自信がない方、以下で簡潔に解説しますので、ご安心ください。

最初に取り上げるのは、

「絹を使った、食品包装」

の技術です。



●「絹」のコーティングで食品を長持ちさせる ~ Mori 社

絹の「フィブロイン」と言われる、繊維状のたんぱく質を

「スプレー」

で塗布することで、食品の保存寿命をのばす、としています。

Mori 社のHP
https://www.mori.com/technology/


保存期間のことを、英語で

「Shelf Life」(Shelfは 棚 の意味)

と呼びます。2011年頃に発明塾(学生版)で取り組んだ際

「常温での、野菜や果物の長期保存」

を可能にできないか、というニーズが強いことがわかりました。


例えば、野菜や果物などの植物の保存において、以下がポイントだとされています。

・水分の維持
・酸化防止
・殺菌/菌の繁殖抑制

水分の維持は、植物の呼吸を抑えることで、実現できます。
野菜や果物は、収穫後も生きています。

したがって、彼らの活動を抑えること、分かりやすく言うと

「眠らせる」

ことが重要になります。冷蔵は、その一つの手段ですが、それ以外にも

「CO2濃度の制御」

などにより、呼吸を抑制できるとされています。


彼らの出願した特許の図を見てみると

「アボガド」
「バナナ」

での実験結果(写真)が示されています。

Compositions and methods for polymer based shelf life extension
https://patentimages.storage.googleapis.com/2b/e8/75/c1a8282f58b991/US20200178576A1.pdf


重量減少や、色の変化(バナナは色が黒くなりますね)を防げるとのことで、

「常温保存」

での保存期間を伸ばそう、という狙いがありそうです。



●樹木の「葉」を保護する成分を活用 ~ Apeel Sciences 社

こちらも、HPを見ると

「アボガド」

が出てきます。

Apeel Sciences 社のHP
https://www.apeel.com/science


Moriと同様に、スプレー式の食品コーティング剤です。

常温保存の寿命を2-3倍にし、冷蔵を不要にすることに取り組んでいます。
(既に実用化されています)


特許を見ると

「クチン」

という物質を使う、とあります。

保護コーティングを形成するための植物抽出物組成物
https://patents.google.com/patent/JP6549326B2/ja


クチンは、植物の葉の表面にある保護層から取れる物質で、

「リグニンなどとは異なる、新たなバイオマス」

として注目されているようです。


絹、植物の葉、など、

「自然の知恵」

には、まだまだ利用できるものが多い、ということかもしれません。



●カラフルで「食べられる」「食べたくなる」包装 ~ Incredible Foods 社

Incredible Foods 社のHP
https://incrediblefoods.com/

キャッチフレーズが、なかなかいいです。

「THE FUTURE OF EATING. ONE BITE AT A TIME.」


一口大の、可食性パッケージに、ペースト状や液状の食品を封入したもので
ここまでくると、食品包装ではなく

「新たな食品の提案」

になっていますね。


「プラスチックの個別包装」

は、避けられる方向になるでしょうし、

「そのまま食べられる」

というのも魅力です。


最新の特許出願を見ると、

「フルーツのピューレ」

を封入するというアイデアが書かれています。

「フルーツを、いつでも、どこでも、手軽に」

ということでしょう。

食べてみたい、と思いました。



可食性のもの以外の食品包装も取りあげたかったのですが、長くなりましたので、
また別の機会とさせてください。

過去、発明塾(学生向け)で何度も発明に取り組んだこともあり、個人的に、
フードテックは大変興味があるテーマですので、また取りあげます。


企業内発明塾・起業家向け発明塾へ参加されている方々には、発明塾(学生向け)
で取り組んだ発明に関する資料を共有しております。

関心ある方は、ぜひ、そちらもご覧ください。
(本配信の元になる調査も、共有します)


企業内発明塾
https://www.techno-producer.com/kigyounai-hatsumeijuku/

起業家向け発明塾
https://www.techno-producer.com/kigyoukamuke-hatsumeijuku/

発明塾の発明活動で蓄積された、

「膨大な知のデータベース」

を、新規事業や新規研究テーマ創出に、存分にご活用ください。



楠浦 拝

e発明塾通信バナー

01. エッジ情報の紹介 記事一覧

2022.06.23 e発明塾通信 vol.784(2020年12月7日号)これからは「良い行動」に「利息」をつけるのが銀行

2022.06.09 e発明塾通信 vol.782(2020年11月30日号)サステナブルな道路を「バイオ」「自己修復」で実現する知られざる日本企業

2022.05.19 e発明塾通信 vol.779(2020年11月16日号)「絹」の新たな用途は「環境にやさしい食品包装」だった

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved