テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾  メルマガバックナンバー

「ダントツの発明力と知財力🄬」で、事業と経営を強力に支援  に導く

特許に記された最先端の知をヒントに、新たな技術とビジネ  アを生み出し、知財戦略を駆使した「100年続く事業」を創り出せる人材を育成します。

amazon起業家カテゴリーベストセラー1位獲得

弊社の提供サービス

弊社では、新規事業・研究開発テーマ創出の支援と、発明・知財の教育講座(eラーニング・動画)の2つのサービスを提供しています。

主に、大手メーカーを中心に「知財部門」「新規事業部門」「技術部門」の方に、ご利用いただいております。全てのサービスを完全オンラインで提供が可能です。ご都合に合わせ、オンラインと訪問を組み合わせるなど、皆様のミッションに最適なプランをご提案することも可能です。

個人の方も気軽に学習できるよう、クレジット決済も可能ですので是非ご利用ください。

あなたのミッションにあったサービスを
ご用意しております

知財部の方向け知財教育サービス

知財部の方

知財教育を担当されている方や、新規事業の支援をご担当されている知財部の方によくご利用いただいているサービス詳細はこちら

知財部の方向けサービス詳細はこちら
技術者の方向け知財・発明サービス

技術者の方

開発テーマ創出や米国の先端技術調査など、開発に特許情報を活用したい方によくご利用いただいているサービス詳細はこちら

技術者の方向け知財・発明サービスはこちら
新規事業担当/企画部の方向け知財・発明サービス

新規事業担当/企画部の方

新規事業担当の方、研究・開発テーマ創出を目指す方や、テーマ創出支援を行なっているご担当者様にご利用いただいているサービス詳細はこちら

新規事業担当/企画部の方向け知財・発明サービスはこちら
投資家の方向け知財・発明サービス

投資家の方

投資に活かせる特許の調べ方や読み方、企業活動を知る上での特許の捉え方など、投資家の方によくご利用いただいているサービス詳細はこちら

投資家の方向け知財・発明サービスはこちら

御社には100年続けられる事業がありますか?

特許や知財に精通することは、画期的な研究や新規事業、そして「100年続く事業」につながると弊社は考えています。

ビジネスの本場である米国の特許や、埋もれがちなスタートアップの持つ最先端技術の特許を読み解くことができれば、新たな研究テーマや新規事業のヒント得ることができます。
さらに特許情報は新たな発明の創出だけでなく、コア技術と新市場を結び付ける「技術マーケティング」にも有用です。

また、発明とは「技術の価値を最大化する」ことであり、知財戦略はその核になります。
知財戦略や特許戦略の知識は、技術の実用化・事業化とマネタイズを考える上で欠かせません。

弊社は、新規事業創出の支援と発明・知財教育の二つのサービスを通じて、「100年続く事業」の創出と、それを達成する人材の育成を行っています。

特許は権利を守るだけのもの?
研究開発やマーケティングにも活用することが当たり前に

特許を権利を守るためだけに利用する時代は終わりました。 AppleやMicrosoftなどのクリエイティブな米国企業では研究開発や新規事業開発、M&Aの現場で必ず特許情報分析を行っています。

今や特許は、新規研究テーマの創出のヒントを見つける「テーマ探索」から、既存技術の新しい用途を見つける「用途探索」BtoBにおける顧客になりうる企業の調査、さらには技術を持つスタートアップや海外大学の技術調査事業提携先(アライアンス先)の技術調査と、幅広い分野においてツールとして広く活用されています。

特許情報を活用すれば新規テーマ探索、用途調査、顧客企業調査、最  調査、アライアンス先の技術調査が可能に

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の詳細を確認

実績

弊社はこれまで、様々な業界のトップ企業の、新規事業や知財戦略を支えてきました。
研究開発において確実に成果を出せる方法論を10年以上にわたり「発明塾🄬」で大学生・大学院生に指導するなどして、創業以来14年で蓄積した知見は、「企業内発明塾」や「e発明塾」となり、さらに日々進化を遂げています。

導入社数実績
弊社の詳しい実績

お客様の声

電子部品メーカー 開発部門の方/受講者の上司【8週間集中パッケージご利用】

結論ですが、弊社では新規事業創出のため様々な社外活用を進め、その内容も把握した上で実施しましたが、それらと比較しても非常に有用でした。受講した3名のうち、特に1名の企画の質が向上し、次のフェーズに無事進むことができそうです。

上司側参加者としての主観ですが、ポイントは以下の3つ。

まず、本パッケージの内容ですが、弊社内に各種の研修があるため、既知の内容が5割程度でした。
しかしながら、特に有益だったのは、構成要素ごとに技術課題を分解し技術課題を先読みする、という点です。
加えて、将来どんな技術課題が出てくるか、それが解決できたらどのような顧客課題の解決に繋がるかを検討しました。
現時点で特許も論文も出ておらず、誰も気づいてないが、我々だけが気づいている状態になっているため(と思い込んでおり)、非常にワクワクしております。もちろん、これから先も壁にぶつかる可能性はありますが、すでに2,3の壁は突破しているので、なんとかなる自信がつきました。 

次に、事前準備の点で、自社のコア技術が明確で本パッケージ実施者がそれを認識している、あるいはその技術を持つ技術者本人であればシーズからニーズのほうが考えやすく良い企画になる印象です。逆にニーズからシーズの場合、未解決の技術課題、トレードオフまで到達できるが、自社の強みがある技術で解決できるのか、自社でなく他社に解決してもらえばいいのでは?という問いに答えにくい。
事前準備として、自社のコア技術を整理し取組む領域を事前に決めておくとより効率的に企画できると感じました。

最後に、人の観点で、結局は個の資質が重要でした。本パッケージはあくまで手段であり、本人がこんな社会を実現したい、この技術を世の中に知らしめたいなど一種のエゴ、willが必要と感じます。会社からの新規事業創出の要請というmustに対してやらされ感だけでは何をやっても上手くいかない。また、従来の自分のやり方がベストと思っているメンバーも厳しい。本パッケージ内容を咀嚼し、良い点改善点を峻別し、良い部分は取り込み、より良いやり方を探索し続け変革し続けようという意欲も必要。受講前後で何も変わらないメンバーがいたのも事実です。
とはいえ、スモールサクセスにより変革の可能性もあり、自組織内で継続実施予定です。

このような気づき、成果が得られる機会を頂きありがとうございました!

50代 経営者の方【e発明塾ご利用】

◆「発明提案書のための発明把握法」のご感想

①講座のよかった点

事例(鉛筆、切り餅)が分かり易い。
教材に沿って順次進めれば容易に理解できる(ジャンプがない)。

②受講後の感想

私は初めて発明に取り組みましたが、この講座に沿って整理していくことで、自らの発明の最重要ポイントが浮かび上がってきました。
具体的には、この講座を受講する前には、先行技術との差別化要素として4~5個も列挙していたのが、受講後には2個に絞り込まれました。
おかげで「どこが特許になるのか」を端的に伝える発明提案書の作成に繋げることができました。

その他のいただいた声はこちら

弊社メンバー

お知らせ

2022.05.18 「花王のヘルスケア食品知財&新事業戦略」セミナーを開催します(7月8日@オンライン開催)
2022.05.18 最新)セミナー・講演・説明会のご案内
2022.05.11 【開催報告 追記】「未来予測と未来づくり 〜ポストコロナ、グローバルリセットを機に、今みなさんが考えるべきこと、とりくむこと。」で弊社代表 楠浦が講演・対談します(4月28日@オンライン開催)
2022.03.18 特許化・事業化事例が続々!「ウィズ・コロナ」でも、スジの良い新規事業・研究テーマを生み出し続けている!「企業内発明塾」サービス説明会(5月20日@オンライン開催)
2022.03.18 受講者が8350名を突破!強い特許をバリバリ生み出し、特許情報を使い倒せる体制をつくる!「オンライン知財・発明教育システム e発明塾」説明会(5月13日@オンライン開催)
お知らせ一覧

最新コラム

記事一覧へ

人気記事

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved