テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾 塾長の部屋
会社概要 発明塾とは? メンバー
実績 お客様の声

全社をあげて取組みたくなる「新規事業企画」を創出できる

【全業種対応】新規事業創出の実働支援サービス

企業内発明塾®

企業内発明塾は「豊富な実体験と実例で確立されたノウハウ提供」と「弊社代表の楠浦の直接指導・支援」によって、

あらゆる技術分野で自身が本気で取り組みたいテーマの企画提案書が出せる実働支援型サービスです。

BtoC、BtoBどちらのビジネスモデルでも多数の実績があります。

※1 2022年4月時点
導入社名につきましては、秘密保持契約を締結しておりますので公表を差し控えております

もっと詳しく知りたい方

2023年11月より、これまでの「原則3名で実施」から「1名から実施可能」に変更になりました

ネタを探し出し、企画まで育て上げ、メンバー全員が成長する

10年以上の経験から
「ネタ探し」の失敗パターンを解消できるので

思いつきではない
「必然性の高い新規ネタ」探しが
できる

どこで行き詰まっても
立ち直れる手法を確立しているので

探し当てたネタを
「勝てる」「独占できる」企画へ
育て上げることができる

アイデアが育つ過程を
参加者が理解して楽しめるから

メンバー全員がワクワクしながら
活発に議論するようになる

bigArrow

企業内発明塾とは?

「企業内発明塾」は、参加者1人につき1件の自身が本気で取り組みたいテーマを
企画提案書としてアウトプットしていただく実働支援型サービスです。

・成果を出しながら理解を深められる、実績ある教材の活用
・発明塾®設立者、弊社代表の楠浦による直接指導・支援

2つの軸でしっかりと支援することで、確信を持ってアイデアを育て、成果を出していただけます。

※企業内発明塾は法人を対象としたサービスです

支援メンバー紹介

楠浦 崇央

楠浦 崇央

Takahisa Kusuura

TechnoProducer株式会社 代表取締役CEO
発明塾 塾長

【略歴】

1997年 京都大学工学部機械工学科卒業、京都大学大学院工学研究科エネルギー応用工学専攻 修了
1997年 川崎重工業株式会社 大型オートバイのエンジン設計開発(新製品開発)を担当
2002年 小松製作所の風力発電関連の新規事業開発を担当
2004年 ナノテクスタートアップ「SCIVAX 株式会社」 設立

「オートバイ」設計から「風力発電」「ナノテク・バイオ」と常に異分野で開発・事業化を主導。
CTO 兼ナノインプリント事業責任者を務め、特許情報分析を活用して、自ら企画・顧客開拓・資金調達・事業の立ち上げを行った。企画し立ち上げた事業は総額20億円以上の資金調達に成功し、後に、一部は大手化学メーカーに買収された。

この際、事業の企画立案から立ち上げのプロセスを通じて、BtoBの技術マーケティングにおける特許情報の活用法を確立。

また、一般的には「システム系(組立産業)」と「材料系(シーズ型)」とで新規事業の進め方は異なるが、楠浦は川崎重工・コマツで機械設計を、SCIVAXでナノインプリントを用いた材料開発をCTOとして主導したため、どちらの分野でも実践経験がある。

2008年 TechnoProducer株式会社 設立

2008年 ビル・ゲイツが出資し、50億ドル超を運用する世界初の技術系投資ファンド「Intellectual Ventures」(現 Xinova)より「アジアのTop発明家8名」に選出

その後2012年までの5年間、発明家として常に世界Top10にランクされ、毎年表彰を受ける。

2010年 学生向けの発明研究所として「発明塾」を設立

10年で500回以上の討議を開催し、数百件の発明・企画を創出。
学生だけで投資ファンドより50以上のテーマで1000万円以上の賞金を獲得し、「発明塾」の手法が学生でも・どんな分野でも世界に通用する成果を出せることを実証。

2011年 「発明塾」を企業向けに提供開始
2014年 発明塾の方法論が学べるオンライン教材「e発明塾」提供開始
2016年 導入社数が100社を突破。東証一部上場企業を中心に受講者数が3600名超え
2019年 動画形式で提供する「発明塾動画セミナー」をリリース

教材は全て、自ら監修し、常にアップデート。

2021年 書籍「新規事業を量産する知財戦略 ~未来を預言するアイデアで市場を独占しよう!」出版

Amazonランキング 起業家にて、ベストセラー1位を獲得。

企業内発明塾が選ばれる3つの理由

1

「一番乗り+急成長+独占=高収益」なネタが効率よく見つかる

「発明塾」における10年以上の経験からネタ探しの失敗には以下のパターンがあることが分かっています。
・突拍子もないアイデアが出て盛り上がるが、実現に向けて詰めのフェーズで挫折する
・実現性は高いが、ありきたりで差別化できない、後追いになっている
いずれも発明塾式の特許情報分析により解決できます。

海外特許を中心とする最先端でミクロな具体的情報を元に、アイデア・仮説を掘り下げることで、
まだ誰も考えていないが、5~10年後の成長が仮説的に予想できるテーマを効率良く見つけます。

加えて、特許情報分析の具体例として、塾長楠浦が日々調査している情報・調査メモをリアルタイムで共有します。

2

行き詰まりを乗り越え、どんな分野でも企画を仕上げる実証済みの仕組みがあります

どれだけ発想法や発明法を学んでも「どこかで行き詰る」「躓く」ことは避けられません。
企業内発明塾は、「あらゆる場面での失敗・行き詰まり」に対する「失敗からの立ち直り方」教材や各ステップにおける楠浦の指導が網羅されていますので、どこで行き詰まっても立ち直ることができます。

発明塾の手法、そして支援者 楠浦の強みは大きく分けて2つあります。
・100テーマを超える発明・企画に取組み、どんな分野でも企画を出してきたこと
・BtoBの技術マーケティングにおける特許情報の活用法を確立していること
10年以上かけてブラッシュアップされてきた教材と、全ての事例に立ち合い指導して教材を開発してきた楠浦による直接支援がありますので、安心して取り組み、企画を仕上げていただけます。

<発明・企画創出に成功したテーマの例>
ナノテク、医療、塗装、複合材料、建設、次世代照明、リサイクル、環境、金融ビジネスモデル、軽量新素材、太陽電池、エナジーハーベスティング、ロボット、食品包装、ディスプレイ、通信、水質管理、データセンター、センサー、認証技術、土壌浄化、ウルトラキャパシタ、光通信、AR 技術、空気浄化、3Dプリンタ、ウエアラブルデバイス、ファッションコーディネート、人工肉

3

特許情報分析による技術マーケティングを、実体験や実例にもとづき支援

楠浦がナノテクスタートアップ時に開発した「特許情報を活用した技術マーケティング」の手法を教材として提供します。
単なる情報の整理ではなく、独自のインサイト・仮説・シナリオを特許情報から読み取り、顧客開拓など具体的な成果につなげる手法を実体験ベースで解説しています。

さらに、実例に基づく教材を提供し、特許情報を活用した「マーケティング手法」「知財戦略」の構築を支援いたします。

<実例に基づく教材の例>
・特許網の突破事例: 3M(スリーエム)の巧妙な特許(群)/権利の獲得手法
 400件の特許網を突破し、発明を創出した実践例を学んでいただけます。
・インテル・クアルコムの「オープン・クローズ戦略」を解説したケーススタディ
・IoT分野の特許網を分析した資料集(コマツ KOMTRAXに関する特許網の分析資料など)

もっと詳しく知りたい方

さまざまな業界で活用され、結果を出しています

機械メーカー(東証プライム市場上場)開発担当の方

※企業内発明塾で創出した企画を社内で通された後、顧客への提案に進んだ方からのメッセージ

楠浦さん、畑田さん、ご無沙汰しております。
本日、ようやくファーストユーザー候補企業へのヒアリングを実施できました。

色々とお話ししたいことはあるのですが、結論だけ申し上げると、提案した仮説がほぼ当たりでした!

XXの対策(課題の解決)を行うことは決定事項だったようで、ご出席いただいた主担当者はその対策の取りまとめを任されたリーダーの方でした。
なので、一番重要な課題の部分は、開始数分の自己紹介の時点で、あっさりと立証することができました。笑

加えて、対策に私の想定した手段を使用するという解決策の方向性も一致しており、ちょうどその評価を始めたところだと仰っていました。

本日は、NDAを締結してもう少し詳しい話をさせていただけないかというところに留めましたので、まだ提案した解決策がベストアンサーなのかはご評価いただけていないのですが、とりあえずは前進したなと感じています。
今後、NDAを締結したらなかなか詳しいお話をできないかもしれませんので、取り急ぎ簡単なご報告とさせていただきました。

今日は、良い意味で発明塾のおそろしさを身をもって感じた一日でした!
まだ成功した訳でも何でもないのですが、楠浦先生と畑田さんには本当に感謝したい気持ちになりました。
改めてありがとうございました!

システム開発企業B社 知財担当

事業部知財として、知財活動による事業貢献について、ずっと問題意識を抱えていました。解決策としての総論一般論は多々耳にし、又時として取り組んではみるものの、その全てが説得力や具体性に欠けるものでした。

しかしながら、発明塾は違います。私の知る限り、世の中広しと言えど未だ、成果にたどり着ける唯一の貴重な解決手段です。実際この想いは、企業内発明塾を終えたばかりのまさに今、自信から確信に変わりました(松坂世代です御容赦w)。

開催まで苦労して、また開催期間中も決して楽ではありませんでしたが、その甲斐が十分にありました。イチ OB として(笑?)、発明塾で成果を出すために必要なのは、“やる気”と“時間”と“開催費用“だけだと言いたいです。

私は、“やる気”は十分でしたが、“時間”については、ベストは尽くしたものの、少し後悔があります。後輩の皆様には是非、同じような後悔をされないよう、この貴重な機会を十分に活かして頂きたいです。

私も第2回第3回の発明塾を必ず企画して参りますので、先生や関係者の皆様には引き続き今後とも宜しくお願い致します。

化学メーカーC社 研究開発部 課長

アイデアを発想するためのアプローチ、アイデアを育てるための技術の探し方、アイデアを提案する上で必要な情報の取捨選択、といった技術側からの企画書作成プロセスがスピード感を持って身に付くだけでなく、
ファーストユーザはどこの誰なのか、アイデアのどの価値に強みがあるのか、アイデアのどこをアピールすれば良いのか、を自然に考えるようになり、経営側からの視点を意識することで、質疑応答を想定する力も身に付いたと感じます。

今はまだ、”新規”取り組みとしての位置付けですが、“当たり前”になるよう、社風・文化として根付かせる活動を進め、ニーズの変化に対応できる集団を形成して、新製品の開発に取り組みたいと思います。

前回、今回、そしておそらく次回もご相談させて頂くと思いますが、感謝と共に、今後も宜しくお願い致します。

※一部を抜粋してご紹介しています。ダウンロード資料では、より詳細な内容をご覧いただけます

実施の2ステップ

STEP 1 《 2ヶ月 》
インプット:eラーニング受講


参加者それぞれが「発明塾」8週間集中パッケージを受講し、「発明塾」のエッセンスとなる基本的な考え方を学んでいただきます。

パッケージには、以下の内容が含まれます。

  • 情報分析法・発想法・企画書の作成法・ビジネスモデルの作り方やツールの使い方
  • 情報収集・アイデア出しから企画提案書作成に至るまでの進め方
  • 「失敗からの立ち直り方」をドキュメンタリーのように詳細に解説した教材

STEP 2 《 3ヶ月 》
アウトプット:集団討議+個人作業


「1人1件」のテーマを持ち寄って頂き、参加者同士で議論しながら、「企画書」作成の作業を進めます。

この期間は、楠浦が直接支援し、同時に「楠浦の調査メモ」「過去セミナー資料」「過去発明」を含む膨大なデータベースをフル活用していただきます。
自身のアイデアを掘り下げ、「本気で取り組みたい新規事業テーマ」の企画を創出して頂きます。

これまでは3名参加を原則としていましたが、指導・支援ノウハウ蓄積の成果によって、2023年11月より参加者1名から実施が可能になりました

標準実施期間 5ヶ月

 ※短期間で成果を出したい場合は要相談

費用はご要望内容により変動します。お気軽にご相談ください。

企業内発明塾 ご利用の流れ

開催をご希望の方には、開催内容・スケジュールの打合せ後、ご契約・サービス提供を進めさせて頂きます

企業内発明塾のより詳しい情報については、説明会またはダウンロード資料をご活用ください

もっと詳しく知りたい方

実際にサービスを受けられた方のレビュー

インフラ系企業(東証プライム市場上場)研究部門の方【「企業内発明塾」参加者の方】

2024.02.13

発明塾に参加するにあたって、正直なところ、最初は不安でいっぱいでした。
前年度に参加された方の企画提案書を拝見したのですが、どの企画も非常にレベルが高く、入社2年目で新規事業を考えた経験も少なく、これといった専門知識もない私でも発明ができるのだろうかと不安に思っていました。

しかし、事前学習のe発明塾で発明塾における発明の考え方を学んだり、ワークショップで楠浦さんや支援者の皆さんと討議をするなかで、その不安は徐々にワクワクへと変わり、発明塾の最終回終了後には「絶対に事業化したい!」と本気で思えるような企画に仕上げることができました。
これから上層部の方々への企画提案に臨みますが、自信をもってプレゼンできそうです。

発明塾に参加する最大のメリットは楠浦さんの経営者としての視点をお借りできることだと思っています。
ワークショップやチャットによるやりとりで、「こうすればもっと勝てる」という視点でコメントをいただけることが多く、既存事業や業界に縛られず、事業機会を広く捉えてアイデアを検討することができました。
そのおかげで、まだ誰も気づいていないという点で「死角」を突いた儲かる事業へとアイデアを育てることができたのではないかと思います。

まだ解決されていない課題のソリューションを考えるワクワク感はそう簡単に味わえるものではありません。
今後の社会人生活における財産となるような貴重な経験をさせていただきました。
発明塾で得た知見を武器に、今後も新規事業の検討に取り組みます。
楠浦さん、4か月間ご指導いただき、ありがとうございました。

材料メーカー(東証プライム市場上場)事業開発部門の方【「企業内発明塾」参加者の方】

2024.01.30

先日の社内のテーマ提案会に発明塾で検討した新規事業企画を上げ、弊社事業部長に取り組み可否を決裁頂きました。

結果は、3件とも無事OKでした。
誠に有難うございます。

各テーマの指摘事項は以下のような感じです。

①テーマA
 ・イチから考えるのではなく、他企業の買収も考えて検討を進めよ。
 ・壮大なテーマであり、事業部に限らず研究所の活用及び他社委託研究も含めて検討を進めよ。

②テーマB
 ・どことどのようにアライアンスを組むかが重要。
 ・社内のパイプを活用してやれるかの検証を進めて欲しい。
 ・クラウドアファンディング等を用いるのも視野に入れて欲しい。

③テーマC
(提案内容に対する関心度が非常に高く、ニーズがあると確信しました 笑)
 ・すぐに出来そうなテーマなので、具体的に進めて欲しい。
 ・ニーズがあるかの検証を早めて欲しい。

雑多に書かせて頂きましたが、どのテーマも“面白い”という言葉と具体的な意見、指示、テーマ継続の承諾は得ました。
今後必要な費用も提案していますが、それを含め勝ち取れました。

発明塾は非常に良い経験になりました。大きな学びでした。
各テーマはこれでスタートラインだと思いますので、引き続き頑張っていきたいと思います。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

材料メーカー(東証プライム市場上場)事業部門の方【「企業内発明塾」参加者の方】

2024.01.24

たとえ未知の分野であっても、真摯に情報を集めて分析し、考え抜けば新しい事業のアイデアを生み出せると分かったのは新たな体験でした。
初めは分からないことだらけでしたが、挫けずに最後まで走り抜けられたのは楠浦様の適切なサポートあってのことと実感しています。
発明塾の手法は小手先のものではなく、エッジ情報からその先を予測する発明創出の本質を突いたものだと思います。
既存の技術を超えるのは簡単なことではありませんが、それから逃げずに向き合って考え抜くこと
それが結局は強みをもった事業を創出する近道なのだと思いました。
今回実戦で得た知識や経験を社内に広め、新事業の種が次々と生まれる環境に変えてゆければと考えています。
ありがとうございました。

材料メーカー(東証プライム市場上場)事業部門の方【「企業内発明塾」参加者の方】

2024.01.09

転職して半年、製品のこともあまり理解しておらず、
ましてや、今まで特許も出したこともなければ、読む機会もほぼ無かった私が、
果たして無事に新規の提案ができるのかと不安を抱えながら参加させていただきました。

 受け終わった今、社内提案書の修正はあるものの、無事に形にすることができ、
また、新規開発をするためのスキル・考え方を学ぶ事ができました。

これらは、一人で成し遂げることなど到底できるはずもなく、
毎回の討議についていくだけも大変でしたが、
一緒に参加した方々や楠浦さんのご協力が無ければ、到達できなかったと思います。
逆に言えば、学びたいという意欲があればどなたでも参加できる、
すごいワークショップだと感じています。

 発明塾を通して学んだスキル・考え方は、今後の業務において活かすと共に、
自分の土台になっていくと考えています。
3カ月という短い期間でしたが大変お世話になりました。

材料メーカー(東証プライム市場上場)事業開発部門の方【「企業内発明塾」参加者の方】

2023.12.20

新規事業や新製品の検討という業務課題は、非常にあいまいな表現で、
“では何をすればいいのか”がなかなかイメージできない方が多いと思います。私もそうでした。
私は既存事業(すでにある程度レールに乗っかっている事業)に携わってきたので、
新規事業化へのステップにおける後半はイメージが付くのですが、前半、特に最初の1歩を
どのように進めていくのか、という点において悩んでましたし、他の研修は受けるのですが、
あまり実のあるモノではありませんでした。
発明塾はまさにその1歩を伴走いただきながら“自分とチームの力”で突破するための実践の場(まさに“塾”ですね)でした。
また、発明塾は自分でやらなきゃ成立しません。お金を捨てるようなものです。
しかし、自分でやれば、想像以上の糧になります。
新規事業や新製品だけでなく、“何かを新しく始める”ことにおいて、発明塾で学んだ知見や手法は
心強い武器になると思います。 

塾って受験で合格するためにやっているのですごくしんどいですが、
振り返ってみると楽しい思い出になっていたりします。発明塾はまさに“塾”だと思いました。
今回は発明塾を通して貴重な経験と知見を得ることが出来、大変満足しています。ありがとうございました。

1 2 21

もっと詳しく知りたい方

TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved