テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾  メルマガバックナンバー

「ダントツの発明力と知財力🄬」で、事業と経営を強力に支援  に導く

特許に記された最先端の知をヒントに、新たな技術とビジネ  アを生み出し、知財戦略を駆使した「100年続く事業」を創り出せる人材を育成します。

amazon起業家カテゴリーベストセラー1位獲得

弊社の提供サービス

弊社では、新規事業・研究開発テーマ創出の支援と、発明・知財の教育講座(eラーニング・動画)の2つのサービスを提供しています。

主に、大手メーカーを中心に「知財部門」「新規事業部門」「技術部門」の方に、ご利用いただいております。全てのサービスを完全オンラインで提供が可能です。ご都合に合わせ、オンラインと訪問を組み合わせるなど、皆様のミッションに最適なプランをご提案することも可能です。

個人の方も気軽に学習できるよう、クレジット決済も可能ですので是非ご利用ください。

あなたのミッションにあったサービスを
ご用意しております

知財部の方向け知財教育サービス

知財部の方

知財教育を担当されている方や、新規事業の支援をご担当されている知財部の方によくご利用いただいているサービス詳細はこちら

知財部の方向けサービス詳細はこちら
技術者の方向け知財・発明サービス

技術者の方

開発テーマ創出や米国の先端技術調査など、開発に特許情報を活用したい方によくご利用いただいているサービス詳細はこちら

技術者の方向け知財・発明サービスはこちら
新規事業担当/企画部の方向け知財・発明サービス

新規事業担当/企画部の方

新規事業担当の方、研究・開発テーマ創出を目指す方や、テーマ創出支援を行なっているご担当者様にご利用いただいているサービス詳細はこちら

新規事業担当/企画部の方向け知財・発明サービスはこちら
投資家の方向け知財・発明サービス

投資家の方

投資に活かせる特許の調べ方や読み方、企業活動を知る上での特許の捉え方など、投資家の方によくご利用いただいているサービス詳細はこちら

投資家の方向け知財・発明サービスはこちら

御社には100年続けられる事業がありますか?

特許や知財に精通することは、画期的な研究や新規事業、そして「100年続く事業」につながると弊社は考えています。

ビジネスの本場である米国の特許や、埋もれがちなスタートアップの持つ最先端技術の特許を読み解くことができれば、新たな研究テーマや新規事業のヒント得ることができます。
さらに特許情報は新たな発明の創出だけでなく、コア技術と新市場を結び付ける「技術マーケティング」にも有用です。

また、発明とは「技術の価値を最大化する」ことであり、知財戦略はその核になります。
知財戦略や特許戦略の知識は、技術の実用化・事業化とマネタイズを考える上で欠かせません。

弊社は、新規事業創出の支援と発明・知財教育の二つのサービスを通じて、「100年続く事業」の創出と、それを達成する人材の育成を行っています。

特許は権利を守るだけのもの?
研究開発やマーケティングにも活用することが当たり前に

特許を権利を守るためだけに利用する時代は終わりました。 AppleやMicrosoftなどのクリエイティブな米国企業では研究開発や新規事業開発、M&Aの現場で必ず特許情報分析を行っています。

今や特許は、新規研究テーマの創出のヒントを見つける「テーマ探索」から、既存技術の新しい用途を見つける「用途探索」BtoBにおける顧客になりうる企業の調査、さらには技術を持つスタートアップや海外大学の技術調査事業提携先(アライアンス先)の技術調査と、幅広い分野においてツールとして広く活用されています。

特許情報を活用すれば新規テーマ探索、用途調査、顧客企業調査、最  調査、アライアンス先の技術調査が可能に

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の詳細を確認

実績

弊社はこれまで、様々な業界のトップ企業の、新規事業や知財戦略を支えてきました。
研究開発において確実に成果を出せる方法論を10年以上にわたり「発明塾🄬」で大学生・大学院生に指導するなどして、創業以来13年で蓄積した知見は、「企業内発明塾」や「e発明塾」となり、さらに日々進化を遂げています。

導入社数実績
弊社の詳しい実績

お客様の声

電子部品メーカー(東証一部上場)企画部門の方【企業内発明塾ご利用】

●今まで漠然と考えていた新規事業の創発におけるポイントを言語化できたのが大きいです。
例えば、
「お題の設定の方法としては、アセットの活用を考える/将来を預言する、ことからスタートし、そこでどれだけ『課題を独占できるか』がポイントとなる。『市場規模が大きい(大きくなりそう)』だから、という理由で選んでも売れないし儲からない」
など。

既存事業では、きちんと次に必要となる価値を読み、競合との比較をし、どう課題を独占していくか、という絵が描けています。
事業として成立しているということは、その有効性、必要性の立証ができていると言えます。
ですが、新規事業ではなかなかそれができません。既存事業には絵を描くだけの十分なアセットがあるから、ということだと思いますが、十分なアセットがない新規事業でもやるべきことは同じで、そこから逃げてはいけないし、足りないアセットを補完するのが特許を始めとする情報分析と理解しました。
言語化することで、自身の頭の整理もできましたし、今後、社内への展開を図っていくこともできそうです。

●とはいえ、専門分野でないところの「将来を預言する」というのはかなり難しいとを感じました。
専門分野は関係ない、というお話もありますが、領域やその人が持っている(暗黙)知のレベルによると思います。
専門分野でないところに踏み込むと、得た情報が本当にエッジなのか、自分が(容易に)理解できるレベルで留まってしまっているのではないか、という懸念を持ちました。
一方で、新規事業(新商品ではなく)として「独占できる課題」を探索するためには、専門家でないと理解できないような細かい領域に踏み込むのではなく、一般人でも概念的に理解できるようなことを探索していくのが適当なのでは、とも考えています。この点については、まだ自分としての答えは出せていません。

●誰でもできるかというとそうでもないと思います。
知識、論理的思考力、理解力などもないよりあった方がいいですし、なにより「新しいこと」との出会いにワクワクできる感性、「新しいこと」の中で良いものは受け入れる自己変容型知性、人に「なるほど」と思わせるストーリーを創り上げたいという欲望とそれに対する執着心、小さなことでも社会に/顧客に貢献したいと思える価値観、なんかを持ち合わせている人が適していると思います。
多くの人が一定持っているもので、でも壁にぶち当たると弱ってしまうモノ。
そこで挫けずに前に進める風土(仲間)を醸成していくことが必要と思いました。

●「わかる」と「できる」の違いを痛感しました。
正直言って事前の講習で学んだフレームワークは、私にとっては突飛な内容ではありませんでした。しかし、実際の討議に入って、それがどれだけ使えたか、フレームワーク通りにできていたか、と振り返るとできていないことが多々ありました。
また、実際の作業をすることで、テキストに書かれている意味の理解が深まることもありました。
初めての発明塾討議を終えた今、「もっともっとできるはず」と感じています。
お題の設定から、「仮説」と「検証」のやり方、討議の仕方など、改善の余地はいっぱいあると感じています。
これも机上のお勉強だけでは気づけなかったことであり、実際の討議、企画書作成を経験したからこそ、ですね。
ブラッシュアップを続けていきたいと思います。

電子部品メーカー(東証一部上場)新規事業開発部門の方【企業内発明塾ご利用】

5か月間ありがとうございました。

これまで、主に技術系の仕事に携わってきた中で、特許に触れる機会は決して少なくはありませんでしたが、目的を持って調査し、読み進めることで、事業の創出、強化に直結する取り組みになることをより感じました。
ご紹介いただいた書籍も、大変勉強になりました。

特にこれからの若手の技術者を指導するのにあたって、漫然と特許を読み進めるのではなく、目的を持って、確信が持てるネタを見つけられるようになるまでのプロセスを身につけ、自分なりの答えの出し方、発明法を見出していく経験を積ませることで、個人や組織の大きな成長につなげられると思います。

また、何より、討議での先生の情報収集のスピード感やアドバイスの広さ、深さは、一朝一夕には会得できないことを身に染みて感じつつ、事業創出を牽引する立場の目指すべき姿としてイメージしながら、今後も励みたいと思います。

本当にありがとうございました。

その他のいただいた声はこちら

弊社メンバー

お知らせ

2021.11.19 特許化・事業化事例が続々!「ウィズ・コロナ」でも、スジの良い新規事業・研究テーマを生み出し続けている!「企業内発明塾」サービス説明会(12月17日@オンライン開催) ★★説明内容と資料を大幅にアップデートしました!★★
2021.11.19 最新)セミナー・講演・説明会のご案内
2021.11.16 【テレビ出演告知】日経CNBC「昼エクスプレス」に弊社代表・楠浦が出演します
2021.11.12 受講者が8350名を突破!強い特許をバリバリ生み出し、特許情報を使い倒せる体制をつくる!「オンライン知財・発明教育システム e発明塾」説明会(12月10日@オンライン開催) ★★説明内容と資料を大幅にアップデートしました!★★
2021.10.11 特許化・事業化事例が続々!「ウィズ・コロナ」でも、スジの良い新規事業・研究テーマを生み出し続けている!「企業内発明塾」サービス説明会(11月19日@オンライン開催)
お知らせ一覧

最新コラム

記事一覧へ

人気記事

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved