書籍

書籍画像

新規事業を量産する知財戦略
未来を預言するアイデアで市場を独占しよう!

楠浦 崇央 (著)

紙の書籍 定価:1,650円 販売:Amazon
電子書籍 定価:550円 販売:Kindle
発売日 :2021/4/26
ページ数:195ページ
アマゾンへ遷移するボタン
こんな方におすすめです
✓ オープンイノベーションの時代に適した知財戦略を知りたい方
✓ 新規事業のアイデア出しやネタ探しでお困りの方
✓ 新規事業を立ち上げたが、自社の強みをつくれずに苦しんでいる方
✓ 起業に向けた特許出願を検討している方

<知財戦略のニューノーマルがわかる>

本書では、オープンイノベーションの時代に事業の強みをつくる先読みの特許取得など実践的な知財戦略の考え方を解説します。

マイクロソフトなどプラットフォーマーの知財戦略、オプティムなどスタートアップの知財戦略も交えて具体的に解説するので、様々な立場で新規事業に関わる方に広く活用して頂ける内容になっております。

<先読みの発明創出の実例を詳しく解説>

特に新規事業の具体的なアイデア創出に従事する技術者・知財部・企画部などの方に向け、時代の先を読む発明が実際にどのように生まれるか、を詳しく解説しています。

出来上がった発明を解説する書籍は多くありますが、発明創出のプロセスを本書ほど詳しく解説している書籍はないと思います。
完成した発明提案書のサンプルも入手して頂けるので、これからアイデアを出すための手本となる資料が欲しい方は是非ご活用ください。

<多くの方にご好評いただいております>

Amazonカスタマーレビュー画像

本の内容

【第1章】
特許戦略のすすめ

〜AIには新規事業創出や発明はできない〜

  1. 「攻め」の知財戦略がない企業は生き残れない?
  2. 知財戦略・特許戦略のニューノーマルは「モノをつくる前に特許を取ってオープン化」に
  3. 「モノをともなわない発明」は紙と鉛筆でできる
  4. 設計図から企画書まで、1人が一気通貫でやりきるスピード感が重要
  5. どんなにAIが進化しても、発明は人間にしかできない?
  6. 賛同者が3人いたら、そのネタはやらない方がいい
  7. 知財戦略の「核」になる特許が取れる発明をしよう

【第2章】
特許で得すること

  1. 特許は経営上のオプションを与えてくれるもの
  2. オープンイノベーションのツールとしての特許
  3. 「発明先取り会議」と巧みな特許戦略で未来を創るマイクロソフト
  4. 特許を武器に活躍しているベンチャー企業①
  5. 特許を武器に活躍しているベンチャー企業②
  6. 特許は「未来」を預言して事業の足場をつくるためにある

【第3章】
新規事業のネタ探しは特許情報分析から始まる

〜「エッジ情報」の活用が肝〜

  1. 特許は新規事業のネタ探しに活用できる、絶対にお得な情報源
  2. 川崎重工時代や小松製作所時代、特許はほぼ読んでいなかった
  3. 僕が特許情報分析に興味を持ち始めた理由
  4. 先行技術から「課題」をあぶり出す
  5. 特許情報の読み方を知っていますか?
  6. 「その特許にお金はついているか?」が分かれば先読みが確実になる
  7. 意識が変わる? 発明アイデアのヒントが詰まった特許例
  8. 「発明塾」の発明法の3つのポイント
  9. 「エッジ情報」を探せ!
  10. 「エッジ情報」探索の事例
  11. アイデアを一緒に育てる仕組みを持とう
  12. 思考回路が違う人との「協創」には共通言語が欠かせない
  13. 投資家目線でアイデアを育てる

【第4章】
発明創出実践編1 ありきたりなアイデアを「理想的な発明」に「育てる」

〜土壌浄化に関する「植物」のアイデアを「電気泳動技術で浄化するシステム」の発明へ育てる〜

  1. まず思いついたのは「品種改良した植物」というアイデア
  2. いったん「植物」の具現化を考えて課題を見つけてみる
  3. そもそもなぜ植物にするのか? アイデアの裏にある「設計思想」を言語化する
  4. 植物ではなく、棒や板でもない「発明の理想状態」を満たすモノは何か
  5. 「気づいてしまえば当たり前」にいかに気づけるか
  6. 発明は発明から生まれる
  7. 発明は「行き詰まる」もの

【第5章】
発明創出実践編2「みんな気づいていないが、実はこの発明が必要である」ことを証明する

〜水質検査チップをオンデマンド製造して途上国の水データの収集を行う水質検査IoT・ビッグデータシステム〜

  1. 「エッジ情報」に、いかにしてたどり着くか
  2. そもそも発明のストラテジーは明確か?
  3. ワークシートを書きながら考えよ、そして先行例を調べよ
  4. 先行例が見つかってからが勝負!徹底的に近いものを探せ!
  5. 先行例からの飛躍を徹底的に言語化し、コンセプトに落とす(発明提案書バージョン1)
  6. 発明提案書を書きながら「課題-解決」を考え抜く
  7. トレードオフを明確にし、発明を再構成する
  8. さらに先行例が見つかる 〜差分から必然性を考える〜
  9. 発明提案書は「企画プレゼン」であり「設計図」でもある
  10. 発明提案書完成版を読む
  11. 発明の全工程を振り返る

【おわりに】
社内に発明家を育て、新規事業を量産する

  1. 「良い仲間と良い議論」をしよう
  2. 挑戦が人を育てる

おわりに 〜世界で戦える事業の創出を支援します〜


出版記念セミナー動画

書籍の概要や出版までの経緯、書籍内容のポイントがわかる動画です。是非ご覧ください。


著者プロフィール

楠浦崇央の顔写真

著者は弊社代表の楠浦 崇央。 新規事業創出の支援と発明・知財教育の二つのサービスを通じて、「100年続く事業」の創出と、それを達成する人材の育成を行う、TechnoProducer株式会社の代表取締役CEO兼「発明塾」塾長。 TechnoProducerはこれまでに一流企業を中心に200社以上の新規事業や知財戦略を支えてきています。また、楠浦自身、アメリカの発明投資ファンドからアジアのトップ発明家8人に選ばれた、発明家でもあります。

参考:Kindleのマーカー機能・シェア機能の紹介

Kindleでは紙の本に線を引くのと同様に、参考になった箇所にマーカーを入れることができます。
マークした場所はリスト化されるので、後から見直す際にも便利です。書籍をより有効に活用していただくために、ぜひご活用ください。
また、マークした箇所をTwitterなどで共有することも可能です。Twitterでシェアする際は、

ハッシュタグ:#新規事業を量産する知財戦略

をつけて頂けると嬉しいです。

Kindleマーカー機能・シェア機能の使い方

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved