テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾 塾長の部屋
会社概要 発明塾とは? メンバー
実績 お客様の声

本セミナーでは、単なる新商品ではなく「会社の新たな柱となる新規事業」をつくりたい方に向けて、新規事業ならではのマーケティングの進め方を、具体的な企業の事例を元に解説します。

社長や上司から以下のような指示を受けている方は多いと思います。
・今の事業はいずれ立ち行かなくなる。そうなっても会社が存続できる事業をつくれ
・研究所から上がるテーマがどれもつまらない。全社を挙げて取り組みたくなるような魅力的なテーマを考えろ

ただ、実際にインパクトの大きい新規事業テーマを立ち上げるのは容易ではありません。なぜなら、新規性の高い事業は「誰が顧客になるか」すら明確でないからです。一般的なマーケティング理論ではカバーし切れない「新規事業立ち上げためのマーケティング」を実践することが必要です。

特に材料メーカーのようにBtoBの事業では、新材料のような独自の技術を、顧客のニーズを確認しながら地道に作りこむ必要があります。これまで弊社は、このような技術を売るための「技術マーケティング」の支援を顧客企業に提供してきました。

本セミナーでは、技術マーケティングの中でも特にハードルの高い「新規事業マーケティング」にフォーカスします。特に参考になる企業としてフィルム事業の衰退を乗り越えた富士フイルムと、全固体電池開発で石油依存からの脱却を進める出光興産の事例を紹介し、事業創出のプロセスを明らかにします。

最後に、弊社代表の楠浦の実体験を元に、「新しい技術はあるが、売れるものがない」という危機的な状況を乗り越えたスタートアップの事例を紹介します。また、その過程で生み出された独自のノウハウも紹介するので、現状を打破したい方は是非ご参加ください。

当日ご参加頂いた方に向けて、講師への質疑応答の時間も設けております。また、参加後のアーカイブ配信もご視聴いただけますので、ぜひご参加下さい。

さらに、当日ご参加いただいた方で、新規事業創出について具体的な相談をご希望の方には、楠浦との個別面談(無料)にも対応いたします。詳細はお申込み後にご案内させて頂きます。
(相談内容によってはお断りさせて頂く場合もありますので、その点はご了承ください)

 

6/30までにお申し込みの方に早割(10%割引)をご提供しております

※お得な「2名参加チケット」を設定しました。1名あたり20%割引になります。また、6/30までにお申し込みの方に、通常チケットから1名あたり30%割引になる「早割2名参加チケット」を提供いたします。

※インボイス制度に対応した領収書(適格請求書)を用意します。

※このセミナーは、日本弁理士会の継続研修として申請中です。このセミナーを開催当日に受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として1.5単位が認められる予定です。(アーカイブ配信での受講は単位が認められません。)

 

セミナー参加のお申込み

【セミナーの内容】

✓ フィルム市場の衰退という危機を乗り越え、ヘルスケア事業を収益の柱に育てることに成功した富士フイルムの事例を解説します。フィルム技術の強みをどう掘り下げ、細胞培養や再生医療など新たな用途を開拓したのかを詳しく掘り下げます。既存事業の危機を乗り越えてチャンスをつかみたい方はぜひご参加ください。

✓ 石油生産の過程で生じる硫化水素の用途を探索し、全固体電池の材料という高付加価値の市場を開拓した出光興産の事例を解説します。利益率の低い事業に依存せざるを得ない状況から脱却し、高付加価値の事業を立ち上げたい方にオススメの内容です。

✓ 10~20年かかるのが当たり前のディープテック分野における事業創出の経緯を、特許情報分析を元に詳しく読み解きます。開発に時間がかかる技術を、新市場にどうフィットさせるかでお悩みの方に、ブレークスルーの手がかりとなる情報をお届けします。

✓ 特許情報を活用して新規事業のマーケティングを成功させるノウハウを解説します。出願や権利化業務にとどまらず、自社の事業転換を主導できる知財人材として成長したい方にはぜひご活用いただきたい内容です。

【このセミナーに参加して習得できること】

✓ 技術者の方
開発した技術の顧客を見つけ、売れる技術に育てる方法を具体的な事例から解説します。単なる高度な技術ではなく、世の中に必要とされる技術を開発するための羅針盤となる情報を提供します。

✓ 開発マネジメント、経営・新規事業・技術企画部門の方
富士フイルムや出光興産など、インパクトの大きい新規事業を実際に創出した企業の事例を詳しく解説します。ありきたりな新規事業ではなく、自社の次の柱になるような新規事業の育て方を、具体的な事例から学んでいただけます。

✓ 知財部の方
特許情報の分析により、自社技術の顧客を特定し、事業転換に成功したSCIVAXの事例と手法を紹介します。IPランドスケープといったマクロの分析だけでなく、「この企業のこの人」という解像度で顧客を特定できる特許情報分析のコツを学んでいただけます。

✓ 投資家の方
富士フイルムや出光興産が、付加価値の高い事業を創出するプロセスを特許から読み解きます。強い事業を生み出す力のある企業を見極めて投資をしたい方に、具体的な事例を提供します。

【目次】

1)なぜ新規事業のマーケティングは難しいか?
2)フィルム技術をどう育てれば再生医療市場で売れる技術になるか?
 ~市場衰退の危機をチャンスに変えた富士フイルムの事例
3)廃棄物から高付加価値の材料をつくれるか?
 ~全固体電池開発をリードした出光興産の事例
4)「技術はあるが売れるものがない」という状態をどう解決するか?
 ~ナノインプリントの新用途を開拓したSCIVAXでの実体験
5)BtoBの新規事業で顧客を特定するには?
 ~特許情報分析を活用したマーケティングの考え方
6)本セミナーのまとめ

※追加調査で得られた情報などを盛り込む関係で、内容の一部を変更する可能性があります。予めご了承ください

【講師のご紹介】

楠浦崇央 Technoproducer株式会社代表CEO 発明塾塾長

TechnoProducer株式会社 代表取締役CEO 楠浦崇央(くすうらたかひさ)

【略歴】

1997年 京都大学工学部機械工学科卒業、京都大学大学院工学研究科エネルギー応用工学専攻 修了
1997年 川崎重工業株式会社 大型オートバイのエンジン設計開発(新製品開発)を担当
2002年 小松製作所の風力発電関連の新規事業開発を担当
2004年 ナノテクスタートアップ「SCIVAX 株式会社」 設立

「オートバイ」設計から「風力発電」「ナノテク・バイオ」と常に異分野で開発・事業化を主導。
CTO 兼ナノインプリント事業責任者を務め、特許情報分析を活用して、自ら企画・顧客開拓・資金調達・事業の立ち上げを行った。企画し立ち上げた事業は総額20億円以上の資金調達に成功し、後に、一部は大手化学メーカーに買収された。
この際、事業の企画立案から立ち上げのプロセスを通じて、BtoBの技術マーケティングにおける特許情報の活用法を確立。

また、一般的には「システム系(組立産業)」と「材料系(シーズ型)」とで新規事業の進め方は異なるが、楠浦は川崎重工・コマツで機械設計を、SCIVAXでナノインプリントを用いた材料開発をCTOとして主導したため、どちらの分野でも実践経験がある。

2008年 TechnoProducer株式会社 設立

2008年 ビル・ゲイツが出資し、50億ドル超を運用する世界初の技術系投資ファンド「Intellectual Ventures」(現 Xinova)より「アジアのTop発明家8名」に選出

その後2012年までの5年間、発明家として常に世界Top10にランクされ、毎年表彰を受ける。

2010年 学生向けの発明研究所として「発明塾」を設立

10年で500回以上の討議を開催し、数百件の発明・企画を創出。
学生だけで投資ファンドより50以上のテーマで1000万円以上の賞金を獲得し、「発明塾」の手法が学生でも・どんな分野でも世界に通用する成果を出せることを実証。

2011年 「発明塾」を企業向けに提供開始

2014年 発明塾の方法論が学べるオンライン教材「e発明塾」提供開始
2016年 導入社数が100社を突破。東証一部上場企業を中心に受講者数が3600名超え
2019年 動画形式で提供する「発明塾動画セミナー」をリリース
教材は全て、自ら監修し、常にアップデート。

2021年 書籍「新規事業を量産する知財戦略 ~未来を預言するアイデアで市場を独占しよう!」出版
Amazonランキング 起業家にて、ベストセラー1位を獲得。

【開催概要】

開催日時 2024年7月26日(金)15:00開始 16:30終了予定
開催形式 Zoomを利用するオンライン開催です。
「PC」や「スマートフォン」を使って参加していただきます。

ZoomのURLは、お申込み後、販売サイト(Peatix)のイベントページにてご確認いただけます。
また、販売サイト(Peatix)のイベント視聴ページ内に設置されたボタンから指定のURLに遷移します。

セミナーの資料は、セミナー開催当日の正午までに、電子ファイル(PDF)にて配布します。
なお、配付するセミナー資料(PDF)は、このセミナーのチケットを購入し参加される方、ご本人の利用を前提としております。

セミナー資料(PDF)のご所属組織内での配布・共有をご希望の場合、配布ライセンス付きのPDF資料(有償)を提供いたしますので、弊社(TechnoProducer株式会社)までご連絡ください。お見積りをお出しします。
受講費用 通常チケット:9900円(税込)※6/30までは10%引きで8910円(税込)
2名参加チケット:15840円(税込)※6/30までは13860円(税込)
定員 150名
お申込み方法・お支払い方法 Peatix(外部サイト)を通じてチケットを購入していただきます。

お申込み期限は、セミナー開催日当日の正午までとなります。ただし、定員に達した場合は、その時点でお申込みを締め切ります。

お支払いは、クレジットカード「のみ」の対応としております。

あいにく、このセミナーでは請求書払いの対応ができかねますこと、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

お支払いが可能なクレジットカードは、
VISA、 MasterCard、 JCB、 AMEX、 Discover、 Diners Club
です。
領収データ(受領書) Peatixでの購入後、Peatixのサイトにて「領収データ」を表示することができます。
クレジットカード会社が発行するご利用明細書等を合わせてご利用ください。

また、当社にて、インボイス制度に対応した領収書(適格請求書)を用意します。
なお、領収書は、ご購入の内容を弊社にて確認した後、eメールにてお送りいたします。
決済完了日から、領収書のお届けまでに、最大2営業日程度を要する場合がありますこと、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
アーカイブ配信 参加者の方には、ライブ配信終了後の7/30(火)よりアーカイブ配信を予定しております。
参加者の方にURL等の情報をメールにてお知らせいたします。
視聴期間は、視聴開始日を含む30日間(土日祝を含む)となります。
なお、収録データの損傷等のやむを得ない事情が発生した場合は、アーカイブ配信を行わない可能性があります。
あらかじめご了承くださいませ。
キャンセル 申込後のキャンセルは受け付けておりません。
ただし、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席が可能です。(Peatixのサイトでチケットの譲渡が可能です。)
主催 TechnoProducer株式会社(https://www.techno-producer.com/)

【お申し込み方法】

以下のボタンを押して、お申込みサイトへお進みください。
Peatix(外部サイト)のイベントページへ遷移します。

セミナー参加のお申込み

最新情報

資料ダウンロードへ遷移するバナー

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved