テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾  メルマガバックナンバー

e発明塾通信 vol.776(2020年11月5日号)新規事業の提案を「大手製造業の社員に求められるスキルも変わる」という危機感から

・・・ e発明塾通信 vol.776(2020年11月5日号)


「「「 新規事業の提案を「大手製造業の社員に求められるスキルも変わる」という危機感から 「「「 


おはようございます、「発明塾」塾長の楠浦です。

今週は、飛び石連休がございましたので、月曜日の配信はお休みにさせていただきました。

本日は、企業内発明塾を修了された方のお声を、一つ取りあげ
私が、発明塾の提供を通じて実現したいことの一つである

「結果を出しながら、人を育てる(結果が出れば、人は育つ)」

について、お話しいたします。


大変ありがたいことに、とても熱い「お声」をいただいております。

文系・営業のご出身。

企業内発明塾へ参加され、e発明塾で丁寧に学ばれ、特許情報を使いこなして、
素晴らしい企画を創出。
(技術開発を含むものです)

そういう方です。


以下、ご紹介します。

なお、今回は、特定部門におけるプロジェクトではなく、新規事業の
管轄部門が提供する研修、という形式で企業内発明塾を実施していますが、
企画はすべて役員提案の上で実行に移す、という点、企業内発明塾の
原理原則にのっとったものです。


==お声、ここから

研修を終えての私の最初の感想は、この発明塾が、会社人生の中で参加させて
頂いた社内外の研修の中で、一番得るものが大きかったということです。

私は、文系営業出身の経歴で、特許についてはほぼ読んだこともない状態で
発明塾に参加させて頂きました。

そういう意味では、この発明塾は、やる気と新規事業への想いのある方で
あれば、いままでのキャリアは関係なく、得られるものが大きな研修になる
こと間違いなし、です。

それは、特許×新規事業、楠浦先生のアイデア/ヒントなどなど、
自分のみでは到底習得できないスキルや考え方を学ぶことができたからです。

これらの成果は、単に新規事業の企画遂行のみならず、どの業務でも生かすことができます。

自分自身が40歳を過ぎたタイミングで、さらに時代が大きく変わってきているときであり、
大手製造業の社員に求められるスキルも変わりつつあります。

そのような時期に、さらに自分の実務能力を見つめ直し、磨く機会を、発明塾は
提供してくださいました。

本当にありがとうございました。御礼まで。

==お声、ここまで


文系で、営業出身の方ということで、特許も読まれたことが無く、当初は不安も
あったかと思いますが、結果的にそれがよかったのでしょうか。

e発明塾の講座

「開発テーマ企画・立案における特許情報分析の活用」
https://e-hatsumeijuku.techno-producer.com/tokkyo_bunseki

の内容を充分に把握され、紹介している、

「特許情報分析からの企画立案」

のシナリオにかなり忠実にのっとって、企画の詰めまでの作業を、
粘り強く行っていただきました。


上記講座では、前半で

「特許情報分析」

の基礎を、楠浦が実際に新規事業創出に至った成功事例を、ひとつ
一つ振り返り、思考回路と作業をトレースし、資料上で活き活きと
再現する形式で紹介しています。


また、後半では、それら情報分析の結果から得られた

「インサイト」

にもとづく

「企画」

の立て方、および、企画書としてまとめ上げるために必要な

「投資してもらえる企画の必須要素」

を、

「ひな形、と、実例」

付きで紹介しています。


新規事業の企画立案は初めて、ということもあってか、

「ひな形、と、実例が参考になった」

とのことで、それを下敷きにしつつ、独自の視点も交えた、大変充実した
企画書を仕上げられました。

仕上げまで、何度もやり取りさせていただきましたが、とても、初めて
とは思えまない、充実した、完成度の高い企画になりました。


研究開発要素を含むため、今後は、技術開発力が試されることになりますが、
数年後に

「世界をあっと言わせる新規事業」

が立ちあがることを、大変楽しみにしております。
(技術開発力は、日本の製造業のお家芸ですので、何ら心配はしておりません)


2019年の10月以降、特に、2020年に入ってから、5年後10年後が楽しみな
新規事業の企画が、続々と生まれています。

コロナの影響もあるでしょうか、皆様の

「変わらなきゃ」

という

「変革への意欲」

が、日に日に高まっていることを、肌で感じます。


企業内発明塾、および、e発明塾、をご活用ください。


e発明塾の講座で、企業内発明塾の内容に、特に関連が深いものは

「発明塾8週間集中パッケージ」
 https://e-hatsumeijuku.techno-producer.com/8week-pkg

で紹介しております。ご参照ください。

紹介している各講座は、個別でのお申込みも可能です。


まず、何か一つ受けてみたい、という方は、以下にしてください。
(楠浦からのお願いです)

「”発明塾事例紹介”セミナー」動画配信講座
https://e-hatsumeijuku.techno-producer.com/douga-jirei

発明塾での情報探索、発明創出、ビジネスモデルへの落とし込み、の
考え方や手法を、実例で紹介しています。

この講座で全貌を把握されてから、他の講座や、企業内発明塾を
利用されるのが良いでしょう。


御社の

「変革の加速」

の起爆剤として、弊社サービスをご活用くださいませ。


弊社サービス紹介のため、以下のオンライン説明会(無料)を行っています。

「ウィズ・コロナ」でも、スジの良い新規事業・研究テーマを生み出し続けている!「企業内発明塾」サービス説明会
 https://www.techno-producer.com/news/innovation_support_service_enterprise/

強い特許をバリバリ生み出し、特許情報を使い倒せる体制をつくる!「オンライン知財・発明教育システム e発明塾」説明会
 https://www.techno-producer.com/news/ip_e-learning/


説明会の日程が合わない人には、後日、説明会を収録した動画を共有いたします。
上記ページから、その旨ご明記の上、お申し込みください。



楠浦 拝

e発明塾通信バナー

03. OBOGの声 記事一覧

2022.09.22 e発明塾通信 vol.797(2021年1月28日号)迷ったら前へ、尖った話は、尖った人に相談しないとダメ!で結果を

2022.09.08 e発明塾通信 vol.795(2021年1月21日号)「95%は上手くいかない」と言われ、研究開発・新規事業テーマ探索に奮起!

2022.08.25 e発明塾通信 vol.793(2021年1月14日号)「両利きの経営」を経験し、成功体験を積む~「企業内発明塾」では何を行っているか

資料ダウンロードへ遷移するバナー

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved