テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾  メルマガバックナンバー

e発明塾通信 vol.785(2020年12月10日号)新規事業アイデアの「質が高まる」「客観的戦略探索ツール」が「知財」

・・・ e発明塾通信 vol.785(2020年12月10日号)


「「「 新規事業アイデアの「質が高まる」「客観的戦略探索ツール」が「知財」 「「「 


おはようございます、「発明塾」塾長の楠浦です。

本日は、企業内発明塾OBOGの方のお声を交え、発明塾、および、企業内発明塾で、
よくお話ししていることを、一つ取りあげ紹介いたします。


企業内発明塾では、特許・知財を

「情報」

として活用するだけでなく、

「事業化するときに、必要な知財・特許はどのようなものか」

のように考え、知財の視点で

「出たアイデアを、どんどん進化」

させていきます。


この点について、大変ありがたいことに、以下のような「お声」をいただいております。


==お声、ここから

あるアイデアに対して、知財、特許という切り口を設けることで、アイデアの価値の客観視、事業へのインパクト、競合情報、必要要件のような、横断的評価が可能になり、常にアイデアの形を変えながらダイナミックに議論することができました。

特許はどちらかというと企画プロジェクトの後半から確認、取得しに行くものという認識でしたが、プロジェクトの初期段階から客観的戦略探索ツールとして取り入れることで、企画の質が高まることを実感しました。この感覚をより多くの関係者がつかみ、対等にディスカッションできるようになることがこれからの事業創出に欠かせないものになると考えます。

デザイン思考、マーケティング手法などなどが存在する中で、一つの思考法として非常に役立ちました。

==お声、ここまで


プロジェクトの初期段階から役立つ

「客観的戦略探索ツール」

であり

「企画の質が高まる」

とのご感想をいただきました。


討議の中では、出たアイデアや企画について

「特許・知財が取れる点はどこか」

は、もちろん議論します。


しかし、それは、きっかけにすぎません。


「そこが強みだとしたら、どういう事業になるのか」

のように、

「特許・知財」

のフィルターを通すからこそ見える強み、価値を最大化する事業の全体像を考えます。


一点を通して、全体を見通すわけです。


そして、そもそも、そのアイデアから描き出される

「事業の全体像」

において、

「取るべき知財」

はどのようなものか。


それを再び

「アイデアに落とし込む」

とどうなるか。


このような議論を繰り返し、

「アイデア・企画を、どんどん進化」

させていきます。


「常にアイデアの形を変えながらダイナミックに議論」

と仰っていただいたのは、この部分の印象だと思います。


独りよがり、思いつきでアイデアを変えていくのではなく

「知財・特許という軸」

を持ちながら、進化・深化させていく。


この方のアイデアについての討議も、大変楽しい議論でした。

皆さまも、是非。



楠浦 拝

e発明塾通信バナー

03. OBOGの声 記事一覧

2022.08.11 e発明塾通信 vol.791(2021年1月7日号)企業内発明塾を経験しない人と、大きな差、違いをもたらしたもの

2022.07.28 e発明塾通信 vol.789(2020年12月24日号)「ワクワク」「勝てる」「独占できる」~企業内発明塾で大切にしていること

2022.07.14 e発明塾通信 vol.787(2020年12月17日号)アイデア・発明・企画「生みの苦しみ」を楽しもう~OBの方のメッセージ

資料ダウンロードへ遷移するバナー

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved