テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾  メルマガバックナンバー

e発明塾通信 vol.797(2021年1月28日号)迷ったら前へ、尖った話は、尖った人に相談しないとダメ!で結果を

e発明塾通信・・・ e発明塾通信 vol.797(2021年1月28日号)

 

「「「 迷ったら前へ、尖った話は、尖った人に相談しないとダメ!で結果を 「「「 


おはようございます、「発明塾」塾長の楠浦です。

今回も、

「企業内発明塾」https://www.techno-producer.com/kigyounai-hatsumeijuku/

OBOGの方のお声を、ご紹介しながら、発明塾の考え方をご紹介します。


企業内発明塾の開催について、ご相談いただき、

「何をするか」

をご説明すると、

「10名中、8名」

ぐらいの方が

「新規事業創出のライザップですね」

とおっしゃいます。

「必ず結果を出す」
「結果にコミットする」

という点では、そうかもしれません。


以下、導入担当者/支援者の方より、実際にいただいたお声を全文掲載します。


==以下、引用

迷ったら前へ。2年前、数名のグループで、尖った技術のビジネス探索にチャレンジ。
課題は研究開発の事業化でした。3Cは? 市場の声は? と頭を悩ませた社内の会議。
尖った話は尖った人に相談しないとダメ!と明言されて気持ちがふっきれ、楠浦さんの門を叩きました。

発明塾って特許の海からのネタ探しだろと思いきや、塾長からの提案は6週間の強化合宿ともいうギュギュっと詰まったテーマ企画書作成コース。
何を指導いただけるんですか?と野暮な質問をした自分が恥ずかしいです。
調べて考えて対話して、言葉を出し切り転換して発想を拡げる。
やるのは自分自身、ただ結果はだします、と。

これは新ビジネスのライザップか、とメンバー一同半信半疑で飛び込みました。
個性的で一匹狼的な人、切れ味よく回転できない人等、スマートとは程遠いメンバーには、はじめは過酷でしたが、楠浦様の冷静なリードと、「これはどう?」と次々違った切り方で迫られるプレッシャーから学んだおかげで、全員1人1提案までたどり着きました。

横で見ていた私が一番学んだことは、正解がないことであっても、世には先人・先例のヒントがある。
それをさらにひねれば違った価値を発見できること。
何よりひと月半で企画提案書まで行けた実体験。
違うテーマであっても、あの濃い体験はスキルとして活かせるはずだと思います。

==引用、ここまで


改めてお声を拝見し、

「強化合宿」

というのは、言い得て妙だなと思いました。


「何を指導いただけるんですか?」

確かに、そういうご質問もありました。


回答はいつも同じで

「結果を出すために必要なことを、すべて粛々と行います」

とお答えしております。

結果を出すために必要なことが、私には見えているからです。


あとは

「やるか、やらないか」

それだけです。


こちらの例では、参加者の方々も非常に個性的で、その

「強みを引き出す」

ことがポイントになりました。


その人にはその人の、

「思考回路」
「ペース」

があります。


発明塾には、それを活かす

「科学」

があります。

弊社は、知財サービスの企業であると同時に

「教育サービス」

の企業だからです。


過去の発明討議における膨大なデータの分析結果と、最先端の教育サイエンスを取り入れた、緻密な教材とプログラムがあるからこそ、

「必ず結果が出る」

と言い切れるのです。


楠浦 拝

e発明塾通信バナー

03. OBOGの声 記事一覧

2022.09.22 e発明塾通信 vol.797(2021年1月28日号)迷ったら前へ、尖った話は、尖った人に相談しないとダメ!で結果を

2022.09.08 e発明塾通信 vol.795(2021年1月21日号)「95%は上手くいかない」と言われ、研究開発・新規事業テーマ探索に奮起!

2022.08.25 e発明塾通信 vol.793(2021年1月14日号)「両利きの経営」を経験し、成功体験を積む~「企業内発明塾」では何を行っているか

資料ダウンロードへ遷移するバナー

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved