テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾  メルマガバックナンバー
ネスレのSDGs戦略

【詳説】SDGs達成に向けたネスレのイノベーション戦略 ~ヘルスケア、リサイクル、酪農関連の事例を紹介

ネスレ(Nestle SA)は世界最大の食品会社であり、「食の持つ力で、現在そしてこれからの世代のすべての人々の生活の質を高めること」を存在意義として掲げ、持続可能な開発目標(SDGs)の目標達成に向けた取り組みも積極的に行っています(同社HP参照)。

本記事では、SDGs達成に向けたネスレのイノベーション戦略を解説します。まず、同社のビジネスモデルと研究開発体制の概要を解説した後、ヘルスケア、リサイクル、酪農に関連したイノベーションの事例を紹介します。

<参考:Nestle SA 基本情報>
ティッカーシンボル:NSRGF
設立年:1866年
ウェブサイト:https://www.nestle.com/

ネスレのビジネスモデルとSDGs達成に向けたイノベーション戦略

ネスレの主な研究開発組織と関連するSDGs目標(ネスレHPと特許情報分析を元に作成)

ネスレの主な研究開発組織と関連するSDGs目標(ネスレHPと特許情報分析を元に作成)

ネスレの事業カテゴリーとビジネスモデル

ネスレの事業カテゴリーと2021年の売上(ネスレのAnnual Review 2021を元に作成)

ネスレの事業カテゴリーと2021年の売上(ネスレのAnnual Review 2021を元に作成)

まず、ネスレの事業カテゴリーと売上の構成比を確認します。表に示したように、コーヒー等を含む「粉末・液体飲料」のカテゴリーがトップで、ペットフード等を含む「ペットケア」、ベビーフード等を含む「栄養・健康科学」が続きます。

各カテゴリーに食品業界の世界トップブランドが多数含まれており、日本でもネスカフェやハーゲンダッツ、キットカットなどが知られています。また、同社の2021年の粗利益率(Gross Profit/Total Revenue)は約48.0%であり、食品会社としては非常に利益率の高いビジネスモデルを構築することに成功しています(Morningstarのデータを元に算出)。

SDGs達成に向けたネスレの取り組みと研究開発体制

SDGsに関連した取り組みについては、ネスレのSustainability Report 2021にまとめられています。安全で健康的な食品を提供すること、炭素排出量ゼロの食品製造システムを構築することなどがネスレのミッションであり、栄養食品や農業技術の革新、食品包装のリサイクルなどバリューチェーン全体でイノベーションを起こしています。

多岐にわたるカテゴリーで技術革新を起こすための研究開発体制として、図に示したようにテーマごとに専門の研究機関が設置されています。特にヘルスケア関連の開発拠点であるNestlé Institute of Health Sciences(NIHS)とグループ会社のNestle Health Science(NHSc)は研究開発の中心になっています。

NHScはヘルスケア関連企業の買収も盛んに行っており、最近の例では、バイオ医薬企業であるAimmune Therapeuticsの買収(2020年8月のプレスリリースで発表)や、機能性水分補給(functional hydration)のリーディングカンパニーであるNuunの買収(2021年3月のプレスリリースで発表)などが知られています。

特許は子会社が出願人になるケースが多い

ちなみに、特許は主に子会社のNestec SAやSociété des Produits Nestlé SAの名前で出願されており、近年ではSociété des Produits Nestlé SAが出願人になるケースが多いようです。

例えば、ミルク由来の栄養組成物に関する特許US9486004B2(2011年出願)はNestec SAから出願されていますが、その分割出願であるUS20200330589A1(2020年出願)はSociété des Produits Nestlé SAから出願されています。ネスレの特許分析を行う際はご注意ください。

※食品分野の分割出願戦略については、日本では花王がトップランナーです。以下のコラムで詳しく解説しています。

【図解】分割出願テクニックと戦略 ~スタートアップ・起業家向けの戦略と、花王・コマツの事例に学ぶ周到な特許戦略を紹介

SDGs目標達成に向けたネスレのイノベーションの具体的な事例

続いて、前記の図に示したSDGs目標である「全ての人に健康と福祉を」、「つくる責任、つかう責任」、「飢餓をゼロに」に関連した事例として、ヘルスケア、パッケージリサイクル、酪農に関連したイノベーションを紹介します。

ヘルスケア関連のイノベーション事例

先述のSustainability Reportによると、ネスレはこれまでの製造プロセスでは廃棄されていたソルガムの副流(side-stream) の利用に注目し、小麦や大豆などのシリアルにソルガム副流を混合した商品を開発しています。廃棄されていた資源の利用により、低価格と高い栄養価を両立でき、低所得層向けの商品ラインナップの拡充にもつながっているようです。

また、2021年9月のNestle Health Science(NHSc)のプレスリリースによると、NHScが開発したwhey protein microgel (WPM)と呼ばれるマイクロゲルの溶液を食事前に摂取すると、2型糖尿病患者の血糖値コントロールが改善する可能性があるようです。WPMには、whey protein(乳清タンパク質)と呼ばれるタンパク質が含まれており、インスリンの分泌促進などの生理活性があることが知られています。関連特許として、JP6760931B2「インスリン特性を改善するためのホエイタンパク質ミセル及び多糖類の使用」などが出願されています。

パッケージリサイクル関連のイノベーション事例

ネスレのSUSTAINABLE PACKAGING COMMITMENTのスライド資料によると、同社は2025年までに全てのパッケージをリサイクル可能にすることと、再生素材ではないプラスチック(virgin plastics)の利用の1/3を削減することを目標を掲げ、紙ベースの包装材の開発などを進めています。

また、2017年3月のネスレUSAのプレスリリースによると、Nestle Watersとダノンは、材料系スタートアップのOrigin Materialsと協力し、NaturAll Bottle Allianceと呼ばれるアライアンスを結成しています。パートナー3社は協力してバイオベースの材料から作られたプラスチックボトルを商業規模で開発し、発売することを目指しています。

酪農関連のイノベーション事例

ネスレは炭素排出ゼロの酪農を実現することを目指しており、2020年に米国の酪農ネットゼロイニシアチブ(Diary Net Zero Initiative)に参加しています。ネットゼロイニシアチブの資料によると、ネットゼロ農場は、クリーンエネルギー、たい肥の飼料生産への再利用、土壌の改善技術や水のリサイクル技術など、さまざまなテクノロジーを組み合わせて排出量削減を実現するようです。

また、2020年12月のネスレのプレスリリースによると、同社は南アフリカでネットゼロ酪農場の創設プロジェクトを開始しています。この酪農場では排出量削減につながる技術の実用化を進めており、例えば牛糞をプレスにより固形物と液体に分離し、それぞれ別に利用することでメタン発生を抑制する技術が開発されています。

食品の原料生産においても、ネスレが技術革新に本気で取り組んでいることがわかります。

 

食品産業の未来をつくるネスレのSDGs戦略の今後

ここまで、ネスレのビジネスモデル・研究開発体制の概要と、SDGs目標達成に関連した具体的なイノベーションとしてヘルスケア、パッケージリサイクル、酪農関連の事例を紹介しました。ネスレが人々の健康だけでなく、持続可能な食品生産のバリューチェーン構築を目指していることがわかります。

このように、これから必要とされる技術を先読みして開発し、付加価値を生み出していることが、同社の高利益率につながっていると考えられます。食品産業の革新をリードするネスレのイノベーション動向を今後もウォッチしていきたいと思います。

また、弊社の無料メールマガジンでは、特許技術や開発戦略に関してより深く掘り下げた分析など、本稿では取り上げきれなかった内容を紹介しています。ネスレのさらに一歩先を考えたい技術者の方はぜひご活用ください。

 

★本記事と関連した弊社サービス

①無料メールマガジン「e発明塾通信」
材料、医療、エネルギー、保険など幅広い業界の企業が取り組む、スジの良い新規事業をわかりやすく解説しています。ネスレの技術についても、花王との比較分析などより深掘りした内容を紹介しております。
「各企業がどんな未来に向かって進んでいるか」を具体例で理解できるので、新規事業のアイデアを出したい技術者の方だけでなく、優れた企業を見極めたい投資家の方にもご利用いただいております。
週2回配信で最新情報をお届けしています。ぜひご活用ください。

「e発明塾通信」お申込みはこちら


②【新規事業・起業・投資の羅針盤 イノベーション四季報™】
イノベーションには「流れ」がありますが、「感覚」では捉えられません。
実際の企業の分析結果を元に「具体的な事例」を読み解いた最新情報を、今後を見通す「羅針盤」として4半期ごとに提供します。創刊号ではGAFAMの分析に正面から取り組みました。巨大企業の戦略を読み解き、その先を攻略したい方はぜひ!

イノベーション四季報キャンペーン

★弊社書籍の紹介

弊社の新規事業創出に関するノウハウ・考え方を解説した書籍『新規事業を量産する知財戦略』を絶賛発売中です!新規事業や知財戦略の考え方と、実際に特許になる発明がどう生まれるかを詳しく解説しています。

※KindleはPCやスマートフォンでも閲覧可能です。ツールをお持ちでない方は以下、ご参照ください。

Windows用 Mac用 iPhone, iPad用 Android用

畑田 康司

畑田康司

TechnoProducer株式会社シニアリサーチャー
工場設備エンジニア、スタートアップでの事業開発を経て現職。現在は企業内発明塾®における発明創出支援、教材作成に従事。個人でも発明を創出し、権利化を行う。発明塾東京一期生。

資料ダウンロードへ遷移するバナー

最新記事

資料ダウンロードへ遷移するバナー

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved