特許ネタ探し方

特許を取れるネタの探し方 ~先行技術を調べて巨人の肩の上に立つ~

2020.12.23

まず先行技術と比較して特許のネタ探しを効率化

「特許を取りたい」は、起業家や、特許取得のノルマを課された技術者や開発研究者にとって切実な悩みだと思います。ただ、いきなりネタを探したり、アイデアを出そうと頭をひねる前に、まずは「特許になるかどうかを決めるプロセス」を見直してみましょう。

ご存知の通り、特許を取るための手続きは「特許出願」として特許庁に対して行われます。「特許になるかどうか」は審査官が判断しますが、その際に行っているのが「先行技術との比較」です。

参考に、特許庁が公開している審査の進め方の資料を見てみましょう。冒頭の「1.概要」に以下のように記載されています(太字は引用者による)。

審査官は、新規性及び進歩性の判断をするに当たり、請求項に係る発明の認定と、引用発明の認定とを行い、次いで、両者の対比を行う。対比の結果、相違点がなければ、審査官は、請求項に係る発明が新規性を有していないと判断し(第1節)、相違点がある場合には、進歩性の判断を行う(第2節)。

特許・実用新案審査基準・第 III 部 第 2 章 第 3 節 「新規性・進歩性の審査の進め方」より

要するに「既に出されている発明の中で、最も近いと思われるもの」を審査官が「引用発明」として認定し、比較して判断するということです。比較せずに「新しい」「優れている」といった判断はできないので、考えてみれば当たり前です(判断基準である「新規性」「進歩性」の解説は、本稿では割愛します)。

このことを踏まえると、「自分のアイデアに近い発明として、すでに出ているもの」、つまり「過去の特許出願」をあらかじめ確認しネタを拾ってから、それを越えるアイデアを狙って出すのが、特許取得の戦略として効率的だと分かります。

 

元ネタをGoogle検索で見つける ~「テクノロジーx農業」で調べてみる~

とはいえ、いきなり特許を調べるのは多くの人にとってハードルが高いので、最初の一歩となる「元ネタ」はニュース記事など一般情報から見つけても良いでしょう。

取り組むテーマは人それぞれですが、ここでは例として、「新しいテクノロジーを使った農業ビジネス」というお題を設定し、調査を進めてみます。

まずは素直に、「テクノロジー 農業」というキーワードでGoogle検索してみると、AIやICTを活用した農業など、色々な情報がヒットします。複数の技術を一覧するため、今回は以下の記事に着目してみます。

【2020年最新版】Agritech(アグリテック)に取り組む企業・事例まとめ | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン

「AIを活用した収穫作業の自動化」や「スマホを使った穀物・作物の状態管理」など興味深い技術が多数紹介されていますが、今回は「03. ドローンでマングローブを自動植林」というトピックを掘り下げて実際に調査してみましょう。記事には以下のように記載されています。

NASAの元エンジニアが設立したスタートアップ “BioCarbon Engineering” のドローンは、ミャンマーで1日に10万本の植林を行う。人々は浮いた時間で生育中の若木の世話に集中できる。
植林にあたり、ドローンはまず該当エリアの上空を飛行して地形や地質に関するデータを収集する。次にアルゴリズムを活用してそのデータを解析し、植林に最も適した場所と最良の種を選択する。そして、地面を低空飛行しながら自動的に地図をたどり、発育しやすいように設計された種子ポッドを発射する。

「BioCarbon Engineering」という企業による、ドローンを使った植林技術のようです。技術の概略は分かったので、今度はいよいよこの企業の特許を調べます。

 

特許検索してみよう ~Google Patentsを活用する~

Google Patentsで注目企業の出願を調べる

特許検索ツールは色々あるので、好きなものを選んで良いと思いますが、ここでは代表例としてGoogle Patentsを利用します。Google Patents Advanced Searchを使うと、キーワードだけでなく、発明者の名前や、企業の名前で検索ができます。”Assignee”(出願人)の欄に先ほどのBioCarbon Engineeringを入れてみます。

検索結果を見ると、Techniques for automated plantingというタイトルの出願がヒットします。早速、開いてみるとこのような画面に移ります

 

AU2018226484B2という番号が書かれていますが、AUはオーストラリア、末尾のBは登録特許であることを示しており、オーストラリアで特許登録された発明であることがわかります。

 

特許公報を読んでみる

番号の下の方にWorldswide applicatiosという項目に”JP”の表示があり、クリックすると日本で出願された特許公報のJP2017530706Aに移動します。番号の下にある”Download PDF”をクリックすると、日本語の特許公報「自動植え付けのための技法」が表示されます。

公報のどこに着目するか、は目的によって異なりますが、例えば以下の記載を見ると、この発明が取り組む「課題」がわかります。

[0003]これらの技法は一般的に、速度が遅く、費用もかかる。機械化された植え付け機
械の使用によって、植え付け作業が行われる効率が上昇するが、この機械は、起伏の多い
地形または到達し難い地形における使用に適切でない。

複雑な地形では、既存の植え付け機械が効率よく作業できない、という課題を解決するために、ドローンを活用しているようです。「地形が複雑なため、既存の機械では作業効率が悪い場面」を考えると、活用の場は「植林」以外にも色々ありそうです。事実、公報の以下の部分を見ると、発明者は「土壌回復」という用途も見据えていることが伺えます。

[0156]いくつかの実施形態では、ポッドは、土壌回復に使用可能である。ポッドは、困難な地形上の不安定な土壌または岩石を固まらせるために発砲可能である。ポッドは、場所、気候、地形など、特定の栄養素、細菌/菌、および/または虫もしくは虫の卵を含むことができる。

いきなり植林するのが難しい場所でも、あらかじめ「ドローンで栄養素などを打ち込み、生育に適した場所に作り変える」ことも考えているということですね。ニュース記事ではわからない、「一手先の打ち手」がわかります。

被引用特許を読んでみる

また、JP2017530706Aのページの、公報番号の下の方にある ”Cited by" をクリックすると、「この発明を引用した特許公報」つまり、この発明より後に出された関連特許出願がわかります。

例えばCA3074512A1 ”Seed distribution assembly for an aerial vehicle” はドローンに搭載する種子散布用のハードウェアについて、JP2019532666A “System and method for management of farm work and data collection”は果物の収穫や間引き・剪定などにドローンを使うシステムのようです。「ドローンを使った農業や林業」というテーマひとつとっても、様々なプレーヤーが独自のアイデアを持って参入していることがわかります。

見つけたネタを元に「その先」を考える

ここまでの結果から、「ドローンを使った農業や林業」というテーマが既に激戦区となりつつあることはわかりましたが、何らかの切り口で「その一手先」を考えれば、「特許の取れるネタ」にたどりつくことは可能です。

例えば「同じ課題をドローンより優れた方法で解決する」、「まだ着目されていないニッチな切り口を攻める(例えば、陸ではなく海に着目するなど)」といった打ち手が考えられます。これから起業する人なら、まずは競争相手が少ない切り口を見つけた方が良いかもしれません。

いずれにしても、あるお題について、「いきなり自分の頭だけで考える」のではなく、「誰がどこまで考えているか」を特許から把握して「その先」を考えるというアプローチが有用であることはご理解頂けたと思います。

先人の発明を参照することで「巨人の肩の上に立ち」、効率的に、特許になる発明を出してみてはいかがでしょうか。

追跡調査で「先読み」の裏を取る

「ネタ探し」という話から少し外れますが、この記事で取り上げたBioCarbonEngineeringについて追跡調査を行ったところ、興味深いことがわかりました。

同社は現在では社名をDendra Systemsに変更しており、ビジネスモデルも「植林」から更新しているようです。Dendra Systemsの資金調達に関する記事によると、社名変更の背景について以下のように記載されています。

Planting trees by drone can reduce the cost of reforestation efforts by as much as 75%, making it a powerful tool for working to reverse climate change. But, as Biocarbon Engineering discovered over time, planting trees was only one part of a much larger picture.

This realization led to the creation of Dendra Systems, a company focused on reversing land degradation and restoring ecosystems.

” a company focused on reversing land degradation and restoring ecosystems”(土地の復旧とエコシステムの回復にフォーカスした企業)と書かれており、樹木を植えるだけでなく、「エコシステムを回復する」というより壮大なテーマに取り組むことが示されています。

「特許公報を読んでみる」の項で紹介した、”あらかじめ「ドローンで栄養素などを打ち込み、生育に適した場所に作り変える」ことも考えている”という推定通りに事業が進んだことがわかりますね。

このように、特許情報にはその企業が考えている「最先端」の手がかりが記載されており、競合の分析や、投資にも活用できます。

 

特許検索に役立つ本 2選と教材

特許検索についてはGoogle Patentsを使った簡単な検索方法を記載するにとどめましたが、もっと深く知りたい方に向けて、お勧めの書籍2冊と、Eラーニング教材を紹介します。

酒井美里(2020)『特許調査入門 第三版, 第3版』(発明推進協会)

特許情報プラットフォームのJ-PlatPatの活用法にフォーカスし、基本的な検索式の立て方から、「スタートアップ企業・大学発出願と発明者検索」など目的を絞った検索方法など幅広く、初心者にも分かりやすく解説しています。酒井美里さんのブログでは目次が掲載されているので、購入前にみてみたいという時にとても参考になります。

野崎篤志(2019)『特許情報調査と検索テクニック入門, 改訂版』 (発明推進協会)

J-PlatPatの他に海外特許データベースの使い方、検索キーを整理するためのマトリックスの使い方、特定の技術内容に関する調査の仕方など、特許情報調査に慣れた人にも参考になる手法や考え方が詳細に解説されています。高度な検索手法を身につけたい、という方にお勧めの一冊です。

また、弊社のEラーニング講座「e発明塾講座 特許情報の検索と活用(初級)」では、必要な特許情報を素早く・漏れなく見つけ、読みこなすための手法を学んで頂けます。「技術情報を得るための読み方」も解説しているので、新規事業のネタを探したい方にもお勧めです。

「プロのネタ探しがどのように進むか?」を知りたい方には、弊社の無料メール講座で、代表の楠浦が日々実践しているネタ探しの内容も紹介しております。ぜひご活用ください。

検索技術が上がると、欲しい情報をより速く、正確に見つけることができるようになるので、ネタ探しもはかどります。書籍や教材もぜひご活用下さい。

畑田 康司

畑田康司

TechnoProducer株式会社シニアリサーチャー
発明塾東京一期生。現在は企業内発明塾™における発明創出支援、教材作成に従事。
個人でも発明を創出し、権利化を行う。

最新記事

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved