技術マーケティングを学ぶ本(技術者向け)

技術マーケティングを学ぶ本3冊とその要約【技術者向け】

技術マーケティングの解説記事では、技術マーケティングの基本的な考え方や、技術シーズと顧客ニーズをつなぐための手法などを簡単に解説しました。本記事では、より理解を深めるのに役立つ書籍を3冊の内容と要点を解説します。

技術者の目線で書かれたものを中心に紹介するので、これから技術マーケティングに取り組む方の参考になれば幸いです。

 

谷地弘安(2017)『技術者のためのマーケティング ― 顧客価値の構想と戦略』(千倉書房)

どのように顧客価値を探し、新商品として世に出すか

本書は、これからマーケティング活動に取り組む技術者の方に向けて書かれており、技術を顧客の価値に結びつけるための考え方が解説されています。

本書の前半(第1章~5章)では、マーケティングと顧客価値に関する基本的な考え方を紹介したのち、ヒアリングやユース・オブザベーションなど顧客価値を探索する手法が解説されています。最後に、提供する価値を商品コンセプトとして言語化し、ストーリーにまとめる手法が解説されており、技術者が顧客価値の理解から商品化までの全体に関わるイメージを持つのに役立ちます。

また、各章で具体的な事例をあげて説明しているのが本書の特徴で、例えば顧客価値探索の事例として、サントリーの缶コーヒー「BOSS」の例が紹介されています。サントリーの開発スタッフは、深夜の工事現場への参加などを通じてユーザーである現場作業員と体験を共有し、「働く男の相棒」というコンセプトを抽出し、商品に落とし込んだそうです。

顧客価値を守り、競合に勝つための戦略

一方、本書の後半(6~8章)ではいかに顧客価値を守るかという観点で、競合に勝つための戦略が解説されています。企業のポジションを、業界で最大のシェアをもつ「リーダー」と、リーダーの座を奪おうとする「ドッグファイター」の2つに分類し、それぞれの立場でどのような戦略を選択すれば優位に立てるかを考察しています。

ここでも、具体的な事例が多数紹介されており、例えば勝ち続けるリーダー企業の戦略として清涼飲料業界で圧倒的なシェアを持つコカ・コーラのイミテーション戦略(他社の新製品と類似した商品を投入し、差別化を防ぐ戦略)を紹介しています。

また、ドッグファイターの戦略としては、例えば文具業界におけるプラスのeビジネス(アスクル)の事例が紹介されています。プラスは、「インターネットを通じた小規模事業者向けの販売」という、リーダー企業のコクヨが従来の販売ルートを活かしにくい分野でサービスを立ち上げ、コクヨが追従する前に急速に事業を拡大することに成功しました。

顧客価値の探索から商品企画、競合他社に勝つための戦略まで事例をベースに書かれているので、具体例を参照しながらマーケティング活動を進めたい方に参考になる一冊です。

 

藤井貞二(2000)『実践ー技術者のためのマーケティング講座―RDMで理解する』(化学工業日報社)

R&Dとマーケティングを並行して考える

本書では研究開発(R&D)とマーケティングを同時並行で進めるR&D&Mの考えを提唱しており、R&Dに関わる研究者や技術者も、事業化や市場導入のプロセスに積極的に関わることを推奨しています。シーズ技術の開発やニーズ探索などの初期段階から、量産・営業活動など最終段階までを7ステージに分け、各ステージで具体的にどんな業務が発生し、どう考えるべきかが筆者の実体験ベースで解説されています。

また、研究開発の成熟段階を考えるフレームワークとして、技術と市場を導入期(E)・成長期(G)・成熟期(M)・衰退期(A)の4段階で評価するマチュリティ評価などが紹介されています。筆者はこの評価方法をベンチャー企業の評価などに活用しており、技術の位置づけを客観的に評価する手法として参考になります。

新技術のマーケティング事例

本書の第4章では、新技術を「未完成技術」(量産の目途が立っていない技術)と、「未実証技術」(用途や需要の分からない技術)に分類し、それぞれのマーケティングにおける成功・失敗事例を解説しています。

例えば、未完成技術のマーケティングの成功例として、海外企業へのライセンスと量産化に成功した高分子接着剤技術を、失敗例として、需要に見合う量産性能を確保できなかったビール缶の冷却技術などを紹介しています。また、章末では、これらの事例を先述のマチュリティ評価に当てはめるとどうなるかも解説されており、技術の位置づけに関する考え方の理解が深まります。

実体験ベースで書かれているため偏りはありますが、特に著者の専門領域である化学・材料分野で新規事業に取り組む方に参考になると思います。

 

高橋 透(2016)『技術マーケティング戦略 』(中央経済社)

技術と市場の進化を前提とした技術マーケティング戦略

本書では、日本の製造業が世界でリーダーシップを取れない原因の1つが技術マーケティング力の弱さである、という考えに基づき、技術マーケティング力の強化と継続的な事業成長につながる戦略を提案しています。

第2~第3章が本書の中核となる部分で、技術マーケティング戦略の基本コンセプトを説明したのち、戦略を「仮説設定」、「ドメイン設定」、「ターゲット市場調査分析」、「戦略企画」の4フェーズに分けて解説しています。戦略のベースとなる仮説を立て、企画に落とし込むまでの大枠の流れがここで理解できます。

技術と市場の進化を予測し、長期的に成長するビジネス戦略を企画する

また、長期視点で技術マーケティング戦略を成功させるため、技術や顧客価値の長期的な変化を考慮している点が本書の特徴です。自社の強みである技術と、技術に対する顧客の期待が今後の5~10年でどう変化するかの流れを予測し、技術開発の方針やターゲット市場を決めるための考え方が解説されています。

また、長期的に強みを蓄積するための戦略として、自社と競合他社を含む業界全体のエコシステムづくりや、オープンクローズ戦略についても解説されています。これらの戦略はGoogleやアップルなどの成功例を参考に書かれており、長期的な成功につながる企画づくりの考え方が理解できます。

具体的な事例の解説は少ないですが、技術マーケティングに関連するフレームワークがわかりやすい図で解説されており、自社の戦略を俯瞰して見直す際に参考になると思います。

 

技術マーケティングを学び、自社の技術を世に出そう

ここまで、技術マーケティングに関連した書籍について、技術者の目線で書かれたものを中心に紹介しました。実際に自社の技術を世に出すための検討を進めている方の参考になれば幸いです。

ただ、ディープテックや最先端技術の新規事業開拓を進める方には、書籍情報だけでは参考になる情報が十分に得られないかもしれません。弊社が提供する技術マーケティングの資料では、技術系スタートアップにおけるマーケティングの成功事例を詳細に解説しています。弊社ホームページの資料ダウンロードページから無料で入手して頂けますので、ぜひご活用ください。

上記の資料で記載している事例は弊社代表の楠浦が実際に体験したもので、その過程は動画セミナー「特許情報分析を用いた技術マーケティング」に詳しくまとめられています。また、その際に活用した特許情報分析によるマーケティング手法については、e発明塾「開発テーマ・企画立案における特許情報分析の活用」にて詳しく解説しています。先端技術のマーケティングを成功につながるスキルを身に着けたい方はぜひご活用ください。

 

★本記事と関連した弊社サービス

特許情報を用いた技術マーケティング

開発テーマ・企画立案における特許情報分析の活用

 

★書籍出版のお知らせ

弊社初となる書籍『新規事業を量産する知財戦略』を出版しました!新規事業や知財戦略の考え方と、実際に特許になる発明がどう生まれるかを詳しく解説しています。

※KindleはPCやスマートフォンでも閲覧可能です。ツールをお持ちでない方は以下、ご参照ください。

Windows用
Mac用
iPhone, iPad用
Android用

資料ダウンロードへ遷移するバナー

最新記事

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved