グーグルのオープン&クローズ戦略

グーグルのオープンクローズ戦略

2020.12.4

オープンクローズ戦略の解説記事では、オープンクローズ戦略により大量普及と高収益が実現できること、優れた知財を持つことが戦略を成功させるカギであることを説明しました。

米国の巨大IT企業であるグーグルも、オープンクローズ戦略を巧みに活用して急成長した企業の一つです。本記事ではグーグルのオープン領域、クローズ領域の内容と戦略的な位置づけを解説します。

 

グーグルのオープン領域 ~オープンソースの活用~

グーグルはウェブブラウザのChrome、スマートフォンのAndroid OSなどをオープンソースのコードを利用して開発しており、オープンソースの情報をまとめたGoogle Open Sourceと呼ばれるページを開設するなど、製品のソースコードを積極的に公開しています。

Androidについては、Androidオープンソースプロジェクトのページで、以下のように説明されています(2020/11/10現在、太字は引用者による)。

Android はモバイル デバイス向けのオープンソース オペレーティング システムであり、Google が主導するオープンソース プロジェクトでもあります。このサイトと Android オープンソース プロジェクト(AOSP)リポジトリには、Android OS のカスタム版を作成し、デバイスとアクセサリを Android プラットフォームに移植し、Android エコシステムを数百万のユーザーにとって健全かつ安定した環境に保つ互換性要件をデバイスが満たすようにするために必要な、情報とソースコードが記載されています。

つまり、Android OSのカスタム版を作成できる環境を提供しており、他の企業を自由に参入させることで、Androidの普及が進むことを意図しています。この戦略によりSamsungやHuaweiなどの企業が次々にAndroid OSベースのスマートフォンを開発しました。アメリカのIT・通信分野の調査会社IDCの調べでは、2020年第1四半期のスマートフォン出荷台数において、Samsungは世界全体の21.1%、Huaweiは17.8%と、アップルの13.3%を大きく上回っています。

グーグルのクローズ領域 ~検索・広告技術のクローズ化~

一方、グーグルは検索技術・検索連動型広告等の技術をコア領域としており、その内容はクローズ化し、独占しています。グーグルの基本理念をまとめた「Googleが掲げる10の事実」の第6項「 悪事を働かなくてもお金は稼げる。」にも

Google は営利企業です。企業に検索テクノロジーを提供することと、Google のサイトやその他のウェブサイトに有料広告を掲載することで収益を得ています。

と明記されており、同社の利益の根幹が検索・広告にあることが伺えます。

グーグルの所有する知財を見ると、代表的なものとして検索の「ページランク」に関する出願が、創業年の1998年に行われており、米国特許第6285999号として成立してます。また、AdWordやAdSenseなど広告関連の技術に関する出願も多数行われており、例えば特表2006-500698では、「広告のユーザの関心に対する関連性」を改善するための方法について記載されています。

一方、検索や連動広告に関するアルゴリズムの詳細は開示されておらず、知的財産権だけでなくノウハウの秘匿化も進めながら、収益の源泉となるクローズ領域の構築を行っていると考えられます。

 

グーグルとアップルのオープンクローズ戦略の違い

オープン領域の項で述べたように、グーグルはAndroid OSのソースコードをオープン化し、カスタム版を作成できる環境を提供しています。この点で、iOSのコア部分をクローズ化しているアップルとは対照的です。

このような違いは、グーグルのコア技術が検索・広告関連技術などハードウェアに依存しない領域であるのに対し、アップルのコア技術が優れたデザインをもつハードウェアやその制御プログラムであることに起因します。

Alphabet社のAnnual Report(2019年)によると、2019年のグーグル部門の収益に占める広告の比率は83.9%、アップルのAnnual Report(2019年)によると、2019年のアップルの純売上高全体に占めるプロダクト(iPhone, Macbookなど)の割合は82.2%となっており、いずれもコア技術領域が主な収益源になっていることがわかります。

グーグルとアップルの収益の差

図. グーグルの収益に占める広告収入の比率と、アップル製品の売上高における製品ごとの比率(Alphabet社, Apple社の2019年Annual Reportのデータを元に作成)

 

グーグルはオープンソースと検索・広告技術の拡大と独占に活用している

ここまで、グーグルのオープンクローズ戦略について、アップルの比較も交えて解説してきました。今回調査したポイントを以下に整理します。
・オープンソースを活用して、技術の開発スピードを向上させ、かつ技術の標準化、市場拡大に成功している
・一方で収益の中核を担う検索・広告関連の技術をクローズ化して独占市場を構築している

また、グーグル、アップルのように最終製品を提供する企業以外に、インテルのような部品メーカーがオープンクローズ戦略を活用して市場の支配権を握った例もあります。通常であれば下請けの弱い立場になりがちな部品メーカーが、なぜ優位に立つことができたのか?弊社のオープンクローズ戦略ケーススタディ資料では、その理由を詳細に分析しています。資料ダウンロードページより無料で提供しておりますので、ぜひご活用ください。

最新記事

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved