テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾  メルマガバックナンバー

e発明塾通信 vol.783(2020年12月3日号)「サーキュラーエコノミー」は、顧客接点を強化する最高の機会

・・・ e発明塾通信 vol.783(2020年12月3日号)


「「「 「サーキュラーエコノミー」は、顧客接点を強化する最高の機会 「「「 


おはようございます、「発明塾」塾長の楠浦です。

本日は、発明塾、および、企業内発明塾で、よくお話ししていることを一つ取りあげ紹介いたします。


セミナーなどでお会いした方からいただく、ご質問、というか、嘆きの声として

「最近、XXXX の流れでビジネスがやりにくくなって大変なんですよ、こういう時代の新規事業、どう考えたらよいでしょうか?」

という定型句があります。


企業内発明塾でお付き合いがあるクライアントには、いつも

「それってむしろ、YYYY するためのチャンスだと考えられてはどうでしょうか」

というお話を、させていただきます。


例えば先日、

「サーキュラーエコノミー、CO2排出、海洋プラスチック対応で・・・・」

というお声をいただいた際に、私は

「それってむしろ、”お客様との接点を強化する絶好の機会” ですよね、その視点から新規事業を考えてみてはいかがでしょう」

とお話ししました。


例えば、資源や製品の

「循環」

を管理する、という取り組みが必須になれば、これまで自社が関われなかった

「お客さま」(例:素材メーカーにとっての最終消費者)

との接点が生まれる、いや

「生み出せる」

と考えてみてはどうでしょう。


あるいは

「お客様が変わる」(価値を提供しお金をいただく先が変わる/多様化する)

可能性もありますね。


そういうお話です。


新しい技術・規制・社会や消費者の意識の変化は、どこかに機会をもたらすはず、ではそれはどこか。

そういう視点で、経営者は常に、社会・市場・技術を見ています。

あるいは、そういう視点での提案を、常に求めています。


変化にいち早く目をつけ、ビジネスモデルを変革した企業の例として、私がいつもお話しするのは

「ディスカバリー」

という、南アフリカの保険会社です。

「アフリカで、最も多くのAppleウォッチを売る企業」

として有名になりました。


彼らは、

「何かあったとき/病気になった時が保険会社の出番」

という考え方を捨て

「そもそも、何もない/病気にならないためのサービス」

として、保険を再定義しました。

「Appleウォッチをお客様に提供し、健康増進プログラムにコミットしてもらう」

ことが、顧客に本当の安心を提供する保険会社がやるべきことだ、と気付いたのです。


そして、健康になったお客様は、より活動的になるため

「資金需要」

が生まれます。ディスカバリーは、銀行業にも進出します。

「これまでにない、顧客との接点」

が生まれたわけです。まさに

「生涯のパートナー企業」

になりました。


彼らは近々、

「世界で最も、顧客を健康にし、事故にもあわず長生きさせる企業」

になり、

「世界で最も、保険金を支払わない保険会社」

になるでしょう。

顧客がそれを求めているなら、そうなるべきです。


このような例は、数多くあります。

「XXXX への対応で、事業がやりづらい」

と思ったとき、それは

「YYYY する大チャンスだ」

と考えてみてください。

他社の事業開発担当者も、やりづらい、と考え、そこで思考停止しているはずですから。
(他社が、弊社に相談しておられれば、別ですが、、、笑)



楠浦 拝

e発明塾通信バナー

02. 発明塾の発明法 記事一覧

2022.06.16 e発明塾通信 vol.783(2020年12月3日号)「サーキュラーエコノミー」は、顧客接点を強化する最高の機会

2022.04.07 e発明塾通信 vol.773(2020年10月22日号)「当初、周りが懐疑的」な企画が、新規事業としてちょうどよい~「ポジション」を取るのが「企画」

2022.03.10 e発明塾通信 vol.769(2020年10月8日号)「やみくも」を止めて、「正しく楽をする」ための発明塾式をご紹介

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved