テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾 塾長の部屋
会社概要 発明塾とは? メンバー
実績 お客様の声

◆「課題解決思考(1)」のご感想

・具体例を用いているため、イメージを持ち易かった。
・「課題と解決手段の把握」から「発明の具体化」までを、違う実例を用いながら、複数回実施できた。
新製品開発、新事業創出の為に、もちろん使ってみたいが、自社の強み・コア技術の分析にまずは使ってみたい。
自社の技術や私が特許出願した内容は、どんな「課題」を解決しているのか(明細書上の建前ではなく、深堀して考えてみる)、他の技術で解決できるのではないか、といった点を整理したい。

◆「課題解決思考(2)」のご感想

本質的には類似した内容を、具体例としては別の事例で繰り返し取り組めた。
他分野のエッジ情報を構成要素で分解し、自分がやろうとしていることに活かせないか考えたい。(今までもある程度やっているつもりではいたが、行き当たりばったりの感じがするので。)

◆「開発テーマ企画・立案における特許情報分析の活用」のご感想

自分の回答が不十分だったが、解説との相違点、補足事項を記載する欄があり、理解が深まった。
ポイント(売れる、勝てる、儲かる)を明確にした仮説検証を繰り返すことで、「もぐら叩き」的な技術開発・新製品開発にせずに、テーマ終了や路線変更する場合も、妥当な結論として判断し、実施したい。

資料ダウンロードへ遷移するバナー

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved