最終回のコメントでも少し触れましたが、私は「自ら何かを提案する」が苦手で、
そういう事をなるべく避けてきました。背景には「どうせ自分の提案なんて・・」という自信のなさがあります。
従って、今回発明塾に参加するように言われた際も不安しかありませんでした。
事実、事前のe-learningを受講しても自分が発明をしているイメージが一切湧きませんでした。
(もちろん、発明塾の考え方などは勉強になりましたが)

こんなマイナスイメージでWSがスタートした訳ですが、
SNSに自分の考えを投稿する→主に楠浦さんがレスポンスしてくれる→また自分の考えを投稿する・・・
というやり方が非常にやりやすく、どんどんのめり込んでいきました。

何故だろう?と今振り返ってみて、以下の理由が考えられます。
・多少おかしなことを言っていても絶対に否定されない
・すぐに的確なアドバイスが返ってくる
・楠浦さんの人の企画を理解する理解力の高さ
この中でも否定されない、というのは一番大きかったかも知れません。寧ろ少しでもいいアイデアが出るとポジティブな返信を貰える。
変な言い方になりますが、楠浦さんに褒めて(認めて)貰いたくて、頑張っていた面もあるかもしれません。
今思えば人の承認欲求をうまく利用しているような気がしました(それを狙っているのかもしれませんが笑)。
発明・提案には理解者がいてくれることが重要だな、というのが発明塾を通して感じた部分です。
その点、楠浦さんが「自分よりも自分の企画の本質を理解してくれる」ので今回の自分の企画も自信を持って提案できるまでに成長させられたのだと思います。

今回の発明塾での学びで、自分でもここまでの提案ができるんだぞ、という自信に繋がりました。
今後の社会人としての生き方・考え方が変わる、本当に良い経験をさせて頂きました。
ありがとうございました。

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved