テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾  メルマガバックナンバー

【延期開催日決定のお知らせ】『元祖「IoT」&ダントツ企業 コマツ の「KOMTRAX」特許戦略&事業戦略~IoT時代の知財戦略と新規事業戦略』セミナー(2023年1月11日@オンライン開催)

2022.11.24

開催延期となっておりました、弊社主催『元祖「IoT」&ダントツ企業 コマツ の「KOMTRAX」特許戦略&事業戦略~IoT時代の知財戦略と新規事業戦略』セミナーを、2023年1月11日(水)15:00~17:00に、オンラインで開催いたします。

つきましては、新規のお申込み受付を再開いたします。

<弁理士の方へ>
当社は、日本弁理士会の継続研修を行う外部機関として認定されています。
この研修は、日本弁理士会の継続研修として申請中です。
この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として2単位が認められる予定です。

【セミナーの内容】

✓ コマツが「KOMTRAX」について、「特許」で勝負をかけてきた、まさにその時の「特許群」を読み解く、当然だが、KOMTRAX「事業」で勝負をかけるはるか以前に、特許での勝負はついている

✓ 皆さんが「今から勝負をかけたい」領域での特許取得に活かしてほしい、特に、最初どう出して、それをどう「ポートフォリオ」に育てていったか、その経緯をしっかり学んでほしい

✓ 勝負かけている企業の特許の出し方を知ると、読み解き方も変わる

✓ コマツのKOMTRAX関連の事業進捗や、関連する特許出願動向も紹介

✓ 「IoT」ビジネスにおいて、「特許はこう取る」のお手本の一つ

✓ 当初はメモ書き程度の資料であったが、企業内発明塾®参加者の一部から、非常に有用な資料であるとの声が多く、今回、そのメモをもとに、最新の動向を改めて調査したものを含め、セミナー化

✓ 【補足資料】に、「知財でダントツ」の企業として企業内発明塾で紹介している事例の概要を列挙

【参加者の方へ】

  • 投資家の方

「コマツ」が知財に長けた企業であることをしっていただき、それを踏まえたコマツの最新特許・技術・新事業動向の「読み解き方」をご紹介します。
また、コマツ同様、知財戦略に長けた企業を【補足資料】にあげております。豊かな人生のためにお役立てください。

  • 経営者、および、経営・新規事業・技術企画部門の方

 「特許情報活用」と「知財戦略」、特にIoT分野での特許戦略と事業戦略の検討に、【補足資料】にある知財戦略に長けた企業の事例も含め、ご活用下さい。

  • 技術者の方

 特許情報からどうヒントを得るか、特許をどう使うか、「技術」「事業」の両面で参考にし、日々の業務やテーマ提案などに活用ください。「知財戦略」つまり「戦略的に知財を活用して、事業で勝つ」方法を知りたい方、「技術で勝って事業で負ける」になりたくない方にも、役立つでしょう。

  • 知財部の方

 分野を問わず、IoT系で強い特許を取得したい方に、「コマツの知財戦略」はヒントになるでしょう、「課題の先読み」の素材としても、活用ください。
【補足資料】にある知財戦略に長けた企業の事例は、「企業内発明塾®」での指導で、非常に良く用いているものであり、また、参加者が役立ったと言っているものです。同様の戦略を取って「事業を勝たせたい」という方は、しっかりベンチマークされるとよいでしょう。

【目次】

  1. 「コマツ」の「すごさ」と「学ぶべき点」~企業内発明塾®参加者のコメント
  2. コマツ「KOMTRAX」の歴史と最新事業動向~元祖「IoT」で「鉱山機械」を独占
    1. コマツの最新IRからKOMTRAXの活用状況と最新動向を見る
    2. KOMTRAX誕生から「次の一手」スマコンまで、止まることのないコマツのイノベーションの歴史を見る
  3. コマツのKOMTRAX特許戦略(1)
    「基本特許」「重要特許」「キーマン」の視点で概要を紹介
  4. コマツのKOMTRAX特許戦略(2)
    「基本特許」から「大量出願」までの流れや権利化の注力ポイントを解説
  5. 【補足資料:時間があれば紹介】「事業に役立つ」「手ごわい特許」の出し方を、さらに深掘りしたい方へ
    インテューイティブ・サージカル、GE、LONZA、3M、花王、クアルコム、IBM、マイクロソフト、オプティム、日立化成、シスメックス の知財戦略の特徴や基本特許 etc を一気に紹介!
    ※補足資料の配布は、セミナー参加者限定となります。

※今回のセミナーの趣旨に鑑み、直前まで最新情報を反映させるため、配布資料はPDFにて配布いたします。


【講師】

楠浦崇央 Technoproducer株式会社代表CEO 発明塾塾長

TechnoProducer株式会社 代表取締役CEO 楠浦崇央(くすうらたかひさ)

【略歴】

1997年 京都大学工学部機械工学科卒業、京都大学大学院工学研究科エネルギー応用工学専攻 修了
1997年 川崎重工業株式会社 大型オートバイのエンジン設計開発(新製品開発)を担当
2002年 小松製作所の風力発電関連の新規事業開発を担当
2004年 ナノテクスタートアップ「SCIVAX 株式会社」 設立

「オートバイ」設計から「風力発電」「ナノテク・バイオ」と常に異分野で開発・事業化を主導。
CTO 兼ナノインプリント事業責任者を務め、特許情報分析を活用して、自ら企画・顧客開拓・資金調達・事業の立ち上げを行った。企画し立ち上げた事業は総額20億円以上の資金調達に成功し、後に、一部は大手化学メーカーに買収された。

この際、事業の企画立案から立ち上げのプロセスを通じて、BtoBの技術マーケティングにおける特許情報の活用法を確立。

また、一般的には「システム系(組立産業)」と「材料系(シーズ型)」とで新規事業の進め方は異なるが、楠浦は川崎重工・コマツで機械設計を、SCIVAXでナノインプリントを用いた材料開発をCTOとして主導したため、どちらの分野でも実践経験がある。

2008年 TechnoProducer株式会社 設立

2008年 ビル・ゲイツが出資し、50億ドル超を運用する世界初の技術系投資ファンド「Intellectual Ventures」(現 Xinova)より「アジアのTop発明家8名」に選出

その後2012年までの5年間、発明家として常に世界Top10にランクされ、毎年表彰を受ける。

2010年 学生向けの発明研究所として「発明塾」を設立

10年で500回以上の討議を開催し、数百件の発明・企画を創出。
学生だけで投資ファンドより50以上のテーマで1000万円以上の賞金を獲得し、「発明塾」の手法が学生でも・どんな分野でも世界に通用する成果を出せることを実証。

2011年 「発明塾」を企業向けに提供開始
2014年 発明塾の方法論が学べるオンライン教材「e発明塾」提供開始
2016年 導入社数が100社を突破。東証一部上場企業を中心に受講者数が3600名超え
2019年 動画形式で提供する「発明塾動画セミナー」をリリース
教材は全て、自ら監修し、常にアップデート。

2021年 書籍「新規事業を量産する知財戦略 ~未来を預言するアイデアで市場を独占しよう!」出版
Amazonランキング 起業家にて、ベストセラー1位を獲得。

【開催概要】

開催日時 2023年1月11日(水) 15:00開始 17:00終了予定
開催形式 Zoomを利用するオンライン開催です。
「PC」や「スマートフォン」を使って参加していただきます。
開催前日までにZoomの「ミーティングURL(ミーティング番号)」をお知らせする予定です。
受講費用 22,000円(税込)
クレジットカード、コンビニ決済がご利用いただけます。
注意事項 ※申込み期間は、セミナー開催日前日の正午までとなります。
※参加人数が定員に達した場合、上記日時を待たず、お申込み受付を終了とさせていただきます。
※コンサルタント業/講師業をされている方や教育業界関係者/教材開発業をされている方など、同業/競合の方のお申し込みはおことわりする場合がございます。あらかじめご了承ください。

【お申し込み方法】

以下のページよりお申し込みください。

セミナー参加のお申込み

最新情報

資料ダウンロードへ遷移するバナー

どのサービスがいいのか迷った方は、まずは無料説明会へどうぞ

弊社ではサービスの内容や、皆様のご質問にお答えする無料説明会や 無料セミナーを定期的に実施しております。
全てオンラインに対応しておりますので、お気軽にご参加ください。

無料説明会の日程を確認

5秒で登録完了!無料メール講座

ここでしか読めない発明塾のノウハウの一部や最新情報を、無料で週2〜3回配信しております。

・あの会社はどうして不況にも強いのか?
・今、注目すべき狙い目の技術情報
・アイデア・発明を、「スジの良い」企画に仕上げる方法
・急成長企業のビジネスモデルと知財戦略

無料購読へ
TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved