(7月14日@オンライン開催)発明塾式「知財・発明教育」説明会
会場での参加も可能になりました

2020年06月04日

おかげ様で、弊社TechnoProducer株式会社は設立から12年を過ぎ、京都大学の学生を中心として始まった学生向け「発明塾」は11年目を迎えました。

最近では、企業内で「新製品のアイデア出し」「新規事業の企画」「知財開発」などを目的とした、 企業内「発明塾」 も多く開催させていただくようになりました。

また、「発明塾」での経験に基づき、「知財・発明教育」をゼロから考え直し、12年間200社を超える顧客と共に教材・サービス・多数の実践者を育てあげ、今に至ります。

知財活動や発明創出をもっとスムーズに進めたいとお考えの「知的財産教育ご担当者様」「人材育成ご担当者様」を中心に、引き続き多くのお問い合わせをいただいております。

つきましては、発明塾式「知財・発明教育」説明会をオンラインにて開催いたします。

また、緊急事態宣言解除の報を受けて、会場での参加を希望される方がいらしゃることから、会場での参加を承ることにしました。
「オンライン参加」と「会場参加」を選択していただけます。


【開催概要】

開催日時:
   2020年7月14日(火) 15:00開始 16:15説明会終了予定
開催形式:
   Webexを利用するオンライン開催

   「PC」や「スマートフォン」を使って参加していただきます。
   開催2日前までにWebexの「ミーティングURL(ミーティング番号)」をお知らせする予定です。
   会場でのセミナー参加も可能です
   会場 ネクストワークス ラーニングセンター(東京都 目黒駅から徒歩1分)
   アクセス https://www.nextworks.co.jp/room/access.html
定員: 10名
   「知財教育・発明教育の導入の責任者、ご担当者の方」
   を参加対象とさせていただきます。
   また、
   ・コンサルタント業/講師業をされている方
   ・教育業界関係者/教材開発業をされている方
   など、同業/競合の方のお申し込みはおことわりする場合がございます。
   あらかじめご了承ください。
費用: 無料
   ただし、オンライン参加にあたり、インターネット接続費用等が発生する場合は 、
   各自ご負担ください。
お申し込み:
   以下のURLよりお申し込みください。
    https://e-hatsumeijuku.smktg.jp/public/application/add/124
   お申し込みの際、お申し込みフォーム最下部にある「備考」に
   「オンライン参加」もしくは「会場参加」とご入力ください。


【当日のタイムスケジュール】

14:45~ 開場(会場参加の方)
14:50~ Webex接続開始(オンライン参加の方)
15:00~ 説明会開始
     (ご説明予定の内容)
     ・「知財・発明創出活動をスムーズに進めるには/
     11年200社超の実績と数多くのご要望から見えてきたこと」
     ・「戦略的知財活動に興味を持たれた企業」の知財教育事例紹介
     ・弊社サービス・実績の紹介、および、企業内知財教育への活用事例の紹介
16:00  説明会終了(予定)
16:15  質疑応答終了(予定)

※ 説明会へ御参加された後、ご希望の方に、
弊社の「知財・発明」eラーニング教材であります「 e発明塾 」を
実際に閲覧/ご体験いただける用意をいたします。


以下のようなことにお心当たりがおありの方は、ぜひご参加ご検討くださいませ。

【経営者の方、事業責任者の方、知財部門の方】
● 知財・発明創出活動を、「もっとスムーズに」進めたい
● 関係者を上手く巻き込んで、会社として「知財力」「発明力」を上げたい
● 技術者・研究者への知財活動への「動機付け」、知財と発明提案活動についての「意識付け」を上手く行いたい

【知財部門の方、特許担当の方、リエゾンの方】
● 特許公報を回覧しているが、研究者・技術者はほとんど読んでいないように感じる
● 特許データベースはあるが、研究者・技術者はあまり使っていない、また、そもそも使い方を覚えている人は少ないと思う
● これまで、他社の後追いでなんとかやってきたが、競合他社の特許活動が活発化し、後追いで参入できなくなっており困っている
● 研究者・技術者へ「権利、権利」と言いすぎて、知財アレルギーになっている、また、知財活動は「面倒な仕事」だと思われている気がする
● 権利回避・権利取得の話ばかりしていても、誰も知財に関心を持ってくれないことが分かった


実際、私(楠浦)が大手企業に設計者・技術者として在籍していた頃、私自身はいうに及ばず、多くの先輩・同僚・後輩たちも「回覧されている特許公報は読まず、ハンコ押して次の人へ回覧しておけばよい」「特許なんてめったに調べないんだから、データベースの説明を長々とされても困る」特許や知財の仕事には、できるだけ関わりたくない」と思っていました
しかし、実際に自身で新規事業開発を行った際、特許情報が如何に活用できるか、身をもって知りました

特許情報にもとづいて潜在顧客のニーズと市場の将来動向を把握し、開発に成功すれば顧客となってもらえる企業のリストを準備した結果、技術開発にも市場開拓に行き詰り、資金が尽きて潰れるのを待つだけだった自分たちの会社へ投資してもらえるよう、投資家を説得することに成功。さらに、特許情報を手掛かりに研究開発を進め、新たな事業を「2つ」立ち上げることに成功しました。
(事業の一部は、その後、大手企業に売却されました)
この、一連の経験で、特許と知財に対する考え方が、180度変わりました

その体験に基づいて、知財教育・発明教育をゼロから考え直し、12年間200社を超える顧客と共に教材・サービス・多数の実践者を育てあげ、今に至ります。

まだお話させていただいていない方には、この機会にぜひ、お話をさせていただきたく、ご参加をご検討くださいませ。
また、説明会へ御参加された後、ご希望の方に、弊社の「知財・発明」eラーニング教材であります 「e発明塾」 を、実際に閲覧/ご体験いただける用意をいたします。
ご参加をお待ちしております。

【お申し込みはこちら】
https://e-hatsumeijuku.smktg.jp/public/application/add/124
お申し込みの際、お申し込みフォーム最下部にある「備考」に
「オンライン参加」もしくは「会場参加」とご入力ください。