1. TechnoProducer HOME
  2. 講師紹介
  3. 安富 貴浩
 

講師紹介

安富 貴浩
安富 貴浩 | Yasutomi Takahiro

京都大学/同大学院にて機械工学を専攻し、MEMS・プラズマ物理などに関する研究に従事し、工学修士を取得。大学在学中の2011年、自分が創出した技術や発明によって世の中の重要な課題を解決することを決意し、「発明塾」に参加。


その後5年間にわたり「発明塾」の主要メンバーとして継続的に活動し、化学から機械、医療などの幅広い分野にわたる発明を海外投資ファンドやグローバル化学メーカーに提案。


「発明塾」在籍中、米国企業の400件近い関連特許からなる特許ポートフォリオを回避した突破発明を創出/提案を行った。他、知財活動に定評のあるグローバル消費財メーカーの知財戦略を、特許情報から分析するなど、「発明塾」の活動において中心的な役割を果たしてきた。2014年、多数の発明創出/提案の実績と発明塾運営に対する貢献が高く評価され、TechnoProducer株式会社より「発明奨学生」に指定される。


2016年、TechnoProducer株式会社に入社。 現在も発明塾の運営を担当し、発明「説明書」ではなく、投資家/経営者目線での評価に耐える、本当の発明「提案書」が書けるよう、大学生を継続的に指導中。


主な実績:

特許出願/知財戦略分析

データ分析技術に関する発明創出、クレーム案/実施例の作成、拒絶対応、PCT出願を担当
グローバル消費財メーカーの知財戦略分析を担当

略歴年表

2014 年

京都大学 工学部 物理工学科 卒業

2016 年

京都大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻 修了

2016 年

TechnoProducer株式会社 入社

公表可能な実績(一部抜粋)
特許出願

2015年

データ分析技術に関する発明創出、クレーム案/実施例の作成、拒絶対応、PCT出願を担当