テーマ別 深掘りコラム 1分で読める!発明塾  メルマガバックナンバー

技術マーケティングパッケージ

「eラーニング3講座」+「動画セミナー」で技術マーケティングを習得し

自社技術の強みを活かした新規事業を生みだす

弊社が考える技術マーケティングは
「すでにある自社の強みやコア技術が活かせる顧客ニーズを発掘し、 新たな市場を開拓すること」
このパッケージは、技術マーケティングに必要な知識と方法を身につけることができます。

さらに、一歩踏み込んで、既存製品との差別化に根拠を持って取り組む手法までを学びます。

※1 2022年4月時点(秘密保持契約締結のため導入社名は非公開)

個人のお申込み

【クレジット決済】お申込み時の確認事項①~⑧をご確認の上、お申込み下さい

法人の申込み

こちらのフォームからお問合せください

「強みのある技術はあるが…」
こんな「悩み」はありませんか?

自社の強みを「他の市場でどう売ればいいのか?」という用途開発の手法がわからない

自社コア技術の顧客像やマーケット分析をしてみたが「具体的な顧客」が抽出できない

自社技術で他社製品の類似品を作ることはできるが価格が合わず新規事業に育たない

bigArrow

「技術マーケティングパッケージ」で解決できます

「技術マーケティングパッケージ」は実践に基づく特許情報活用法をベースにしています

解決

特許情報から根拠のある仮説を組み立てることで

自社の強みを活用できる新たな顧客提供価値による新規事業・新製品の企画が出る

解決

成功実績のある実践的な特許情報分析フレームワークを習得することより

特許情報から「具体的な顧客」を抽出できるようになる

解決

特許情報から市場動向や他社の状況を把握し、効率良く「スジの良い」テーマを創出することで

長期的に高収益を実現できるマーケットを見つけることができる

受講者の声

※本パッケージに含まれる講座を受講された方からの感想です(一部抜粋)

機械メーカーA社 開発担当の方

受講講座:課題解決思考(2)

例題が「中チョコ」や「センサ衣服」というように身近な製品であるため理解しやすかったです。
「課題-解決」分析の流れに沿って教材が構成されていて、何度も繰り返しこの手順の記載があるため、記憶に残りました。
実際に自社の事業にあてはめてテキストにある手法で進めていくには、訓練が必要と思いますが、この手法で一緒に取り組む仲間を増やして、業務に生かしていきたいと考えています。

材料メーカーB社 研究担当の方

受講講座:開発テーマ企画・立案における特許情報分析の活用

実際の特許公報を用いて、どの情報を得るにはどの部分を見ればよいか解説して、演習させていただいた点が分かりやすかったです。
自社技術の新規用途にぜひ使ってみたいと考えます。

インフラ系企業C社 知財部門の方

受講講座:課題解決思考(1)

先行技術の課題,解決手段の把握から開始し,コア技術でしか解決できない課題の解決手段を考えるまでの具体的な手順が示されているため、分かりやすかった。
社内のコア技術の用途を拡張する発明をしたい。

個人のお申込み

【クレジット決済】お申込み時の確認事項①~⑧をご確認の上、お申込み下さい

法人の申込み

こちらのフォームからお問合せください

受講対象の方

受講対象の方
  • チェックボックスイラスト自社技術の用途探索・顧客開拓を求められている
  • チェックボックスイラスト既存事業の市場が飽和しており、新規事業を開拓したい
  • チェックボックスイラスト自社の技術で独占できる市場を見出したい
  • チェックボックスイラスト独自の技術をベースに事業を立ち上げたい
  • チェックボックスイラスト特許情報を使った顧客開拓手法を知りたい

技術マーケティングパッケージとは?

弊社の考える技術マーケティングとは「すでにある自社の強みやコア技術が活かせる顧客ニーズを発掘し、新たな市場を開拓すること」をゴールとしています。
「技術マーケティングパッケージ」は、その方法として「特許情報を用いた技術マーケティング」をベースに、以下のスキルと知識を身につけることを目的としています。

  1. 自社技術でしか実現できない商品・サービス・事業の探し方
  2. 具体的な商品の購入先、商談のキーマンを抽出する方法
  3. 特許情報分析をつかった高効率な用途探索
  4. なぜ「特許情報」か、というそもそもの話

▶ 自社技術の強みを生かし、長期的に高収益を実現できるマーケットを開拓することができます

これらを3つのeラーニング講座(e発明塾)と1つの動画セミナーを組み合わせて、ステップバイステップで着実に身につけることができます。

サンプル動画

パッケージに含まれる動画セミナーの一部です

こちらの動画の全内容では、講師(弊社代表・楠浦)がスタートアップにおける研究シーズの事業化において、独自の特許分析により「市場調査」「顧客開拓」を行った実体験・成功事例に基づく知見を詳しくお伝えしています。

【トピックス】

  • 特許情報を用いた「コア技術の用途探索」と「売り先の探索」の実践例
  • 「分析」で終わらず、具体的な「顧客ベネフィット」を生み出すための思考回路

特許情報分析だけでなく、新規事業立上げの生々しい話が随所に出てくるため、弊社セミナーの中でも人気の高いものとなっております。

技術マーケティングに必要なスキルを体系的に学べます

本パッケージは以下のeラーニング講座「e発明塾」3講座と「発明塾」動画セミナー1講座で構成されています

icon-search

1全体像をつかむ:「特許情報分析を用いた技術マーケティング」動画セミナー

「特許情報分析を用いた技術マーケティング」セミナー(2020年4月24日実施)を収録した動画です。

講師(弊社代表・楠浦)が技術系スタートアップの新規事業立上げ・資金調達成功までの実話をもとに、以下の内容を体験談を交えながら、具体的に解説しています。

  • 独自の特許分析による「市場調査」「顧客開拓」
  • 「分析」で終わらず、具体的な「顧客ベネフィット」を生み出すための思考回路

実践者本人による解説という「生きた」情報から、実用的な技術マーケティングのプロセス全体像をつかんでいただきます。

動画再生時間:約1.5時間

講座詳細はこちら

icon-doc

2分析手法を習得する:「開発テーマ企画・立案における特許情報分析の活用」

上記【1】の動画で紹介した特許情報分析のプロセスを、1ステップごとに具体的に学び、習得して頂けます。
技術マーケティングで重要な特許分析手法について、基礎から開発テーマの企画・立案における特許情報の活用法までを、実例を追体験しながら学ぶ講座です。

開発テーマ企画書を「Fact」と「ロジック」が十分なものに仕上げ、特許情報分析にもとづいた「売れる・勝てる・儲かる」企画の作成プロセスを体験することで、実用的な技術マーケティングスキルを習得します。

標準学習時間:5~8時間

講座詳細はこちら

icon-power

3強みを活かしたアイデア創出:「課題解決思考(1)」

技術マーケティングに不可欠な自社のコア技術や強みを活かした製品やサービスのアイデアを創出する手法を学びます。
自社技術でしか解決できない潜在的な顧客ニーズを探し出し「事業として取り組む価値のある発明」を狙って出し、発明提案にまとめるステップを実践し、手法を身につけて頂きます。

標準学習時間:4~6時間

講座詳細はこちら

icon-circle

4「先読み」のアイデアを創出:「課題解決思考(2)」

技術マーケティングをより精鋭化するため、「先読み」アイデアを創出する際に必要な手法と考え方を学びます。

  • 自社技術が活かせる市場が見つかったが、先行例がある
  • 見つけた市場について「その先の課題」まで独占したい

といったケースに対応できるよう、既存製品や先行技術/特許が「どんな課題をどう解決しているか」を読み解き、「将来の課題」を解決する発明を出す手法を身につける講座です。

標準学習時間:4~6時間

講座詳細はこちら

※講座ごとの教材内容は単体講座と同一です。動画も含めて一括でお申し込みでき、受講期間が単体講座の4週間に対して2倍の8週間である点が異なります。
※過去にパッケージに含まれる講座のいずれかを受講された方に対する割引等は行っておりません。いずれの商品につきましても、ご案内ページに記載の価格でのご利用をお願いしております。ご了承ください。

料金

8週間 163,900円(税込)

eラーニング講座「e発明塾」3講座と「発明塾」動画セミナー1講座の一括パッケージ料金です

個人のお申込み

【クレジット決済】お申込み時の確認事項①~⑧をご確認の上、お申込み下さい

法人の申込み

こちらのフォームからお問合せください

「学び」を「アウトプット」につなぐ学習プログラム

インプットした知識を冊子教材に書き出すことで定着させ、
ワークシートを作成することでアウトプットまで着実につなげていきます

学習プログラム
テキストを読む

e発明塾のオンライン学習システムを使って、自ら学習を進めていただきます。 個別学習方式なのでご自身のペースで納得行くまで学べます。

冊子に書く

知識を「学ぶ」だけでなく定着させるために冊子教材「ダントツ発明力指南」の問に答えを書いて学習を進めます。 受講後も冊子教材が手元に残るので、いつでも振り返ることができます。

ワークシートを作成する

知識が定着したあとは、学んだ内容をワークシート「ダントツワークシート」の作成することで実践的なアウトプットにつなげます。

動画視聴
技術マーケティングの解説を動画で見る

動画セミナー形式で、技術系スタートアップの新規事業立上げ・資金調達の成功をした実体験に基づいた技術マーケティングの解説をご覧いただきます。
実践的な技術マーケティングプロセスの全体像をつかむことができます。

オプション

本サービスお申し込みの方へ、以下のオプションをご用意しております

フォローアッププログラム

ワークシートをご提出いただき、弊社支援メンバーによる添削・コメント・壁打ちのサービスをご提供します。

  • ワークシートは作成できたがレビューを受ける環境がない
  • より短期で効率良く成果を出したい
  • マンツーマン指導をタイムリーに受けたい

などの場合にご利用ください。

弁理士のご紹介

特許出願に適切な弁理士のご紹介も対応しております。
各講座のワークシートを弁理士にお渡しいただければ、意図通りの特許出願ができます。実際に受講者にこのような形で特許出願を成功しています。

※各オプションは個別対応となりますので、別途お問い合わせフォームよりご相談ください。

お申し込み時の確認事項

よくあるご質問

Q 個人で申し込むことはできますか?
A

ご自身のスキルアップのために、個人でお申し込みいただくことが可能です。 フリーランスの方のお申し込みも増えております。 各講座サイトの「個人のお申込みはこちら」ボタンよりお手続きください。 お支払いは、クレジットカード決済、コンビニ決済に対応しております。

また、企業にお勤めの方は、自部門の経費として処理する以外に、知財部門の教育予算や、社内の教育訓練補助制度を利用して受講いただける可能性もあります。 詳細は、社内の経理部・知財部・教育部門の担当者の方とご相談ください。

Q 会社経費や教育訓練訓練補助制度を利用して受講することは可能ですか?
A

可能です。

領収書や受講証明書発行に対応しており、過去、多くの方に、社内の教育予算や教育訓練補助制度を利用して受講いただいた実績がございます。 社内での取り扱いについて経理部や知財部のご担当者様にご相談の上、お問い合わせください。

Q 導入の検討にあたり、講座のデモ画面を見せていただくことはできますか?
A

可能です。
ご希望のコースについて、随時承ります。お問合せフォームよりお問い合わせください。

・デモIDの発行(Webテキストが2週間閲覧可能)
・冊子教材「ダントツ発明力指南」お貸出し(郵送後、後日ご返却いただきます)

個人のお申込み

【クレジット決済】お申込み時の確認事項①~⑧をご確認の上、お申込み下さい

法人の申込み

こちらのフォームからお問合せください

TechnoProducer株式会社
© TechnoProducer Corporation All right reserved