発明塾京都第178回開催報告~マスタリー(熟達)を目指して

2014年05月02日

※ 本記事は、発明塾HPから転載したものです。

 

今回は、GW中日での開催となりましたが、一部新しいトピックも追加し、活発に議論しました。


以前にも取り上げましたが、発明塾での討議から何かを得るためには、

「討議の内容を、後で自分の言葉でまとめ直す」

ことが重要です。というか、これをやらないと、討議時間の大半は「無駄な時間」になります。


僕も、討議後の週末中に、

「発明討議ノート」もしくは「塾生専用の公開掲示板」

にて、まとめを行っています。


「自分の言葉で(内在化と表出化)」と「まとめる(構造化)」

の2つの作業を通じて初めて、「理解」に至ることができます。

これまでの経験上、ここをおろそかにした塾生さんは、「なんとなくの満腹感」と「情報の洪水」に溺れて・・・・(詳細省略)。

そうならないように、しっかり時間を取って、自分の討議内容を振り返ってくださいね。


では、次回もよろしく!

 


楠浦 拝