1. TechnoProducer HOME
  2. お知らせ
  3. 7日間メール講座【発明塾式 ”技術マーケティング”】特許情報を用いた技術マーケティング ”Q&A”
 

お知らせ

7日間メール講座【発明塾式 ”技術マーケティング”】特許情報を用いた技術マーケティング ”Q&A”

2018年08月14日
本メール講座は、

「特許情報を用いた技術マーケティング」

について、企業内、公的機関、弊社主催等で開催したセミナー、または、発明塾、新事業・新研究テーマの企画などを行うために開催される企業内発明塾にて、日々いただく

「ご質問」

の中から、特に

・ 数多く出る質問
・ 本質的で重要な内容に言及したもの

について、回答を交え

「Q&A形式」

で紹介するメール講座(無料)です。
7日間、毎日メールをお届けします。
(「e発明塾通信」も、同時配信されます)

執筆者である楠浦の経歴は、こちらをご覧ください。
「企業内発明塾」の概要については、こちらをご覧ください。


配信お申し込みはこちら
(登録は氏名とメールアドレスのみでOKです)



これまで、多数の

受託調査/分析
企業内「発明塾」を通じた技術マーケティング支援
・「発明塾」での発明創出活動

を行う中で、特許情報を用いた技術マーケティングに関し、様々なご質問をいただきました。


本メール講座では、それら

「様々なご質問」
 
の中で、

「特に多いご質問
「本質をついた、重要なご質問

を5種類に分類し取りあげ、また、それらに対しこれまでお答えしてきた内容をとりまとめ、

私の考え
「私たちが実際に行っていること(行ってきたこと)」

を紹介しています。


それらはあくまでも、私、あるいは、弊社での

「実践(実戦)経験」

にもとづく、いわば

「個人的な意見」

ですが、多くの方から、

「とても参考になる」

とご感想をいただいているものです。


配信お申し込みはこちら
(登録は氏名とメールアドレスのみでOKです)



取りあげたご質問は、例えば、以下のようなものです。

「特許出願は、公開まで1年半かかるが、情報として古いのでは?」
「特許情報分析を行ってみたが、すでに知っている情報(用途)や、ありきたりな情報しか得られなかった」
特許を読まずにできる、特許情報分析法はないのでしょうか」
「知財の担当であるため、必ずしも技術に明るいわけではなく、詳細な内容が把握できないのですが、良い手法はないでしょうか」

これらはいずれも、セミナーなどにおいて、ほぼ毎回ご質問いただく内容です。

 
個別具体的な事例ごとに、回答させていただく内容は異なる場合が多く、セミナーなどでは分かる範囲でご事情を踏まえ、できる限り詳細かつ丁寧に回答させていただくのですが、本メール講座では、

「特によくあるケース」

を想定し、簡潔に回答させていただきました。


また、今回は8日目に

番外編

として、特に知財ご担当者の方からご質問が多い

「特許情報を用いた技術マーケティングに、知財活動の活性化や特許情報活用のきっかけとして取り組みたい」


知財や特許の意識が薄い部署に対し、どのように進めて(薦めて)いけばよいか」

注意点を教えてほしい、というご質問を取りあげました。


これも、セミナーでは、ほぼ毎回ご質問をいただく内容です。


配信お申し込みはこちら
(登録は氏名とメールアドレスのみでOKです)



特許情報を用いた技術マーケティングについて、定期的に公開セミナーも開催しております。


セミナー報告:発明塾式「特許情報を用いた技術マーケティング」セミナー


Q&Aにある内容について、事例や実体験をもとに、詳細なお話をさせていただくとともに、いただいたご質問に徹底的にお答えする場にしています。

さらに

「突っ込んだ」

内容について知りたい方は、ぜひ、セミナーもご活用下さい。


皆様とお会いし、より個別具体的なご質問をお伺いし、さらに議論が深まることも、たいへん楽しみにしております。



楠浦 拝