1. TechnoProducer HOME
  2. お知らせ
  3. 【発明塾】「雑草だけに除草剤」John DeereのM&A/知財教育相談会/エッジセミナー
 

お知らせ

【発明塾】「雑草だけに除草剤」John DeereのM&A/知財教育相談会/エッジセミナー

2017年11月06日

※ 本記事は、メール講義「e発明塾通信」のバックナンバー紹介です。


・・・ e発明塾通信 vol.450(2017年11月6日号)

●(無料)7日間メール講座【1日15分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
https://edison-univ.blogspot.jp/2017/05/7115.html

新規事業・新製品のネタをお探しの方へ、ご転送、ご紹介をお願い申し上げます。

●(無料)知財教育相談会を開催いたします(11月@東京)
http://www.techno-producer.com/news/detail_747.html

● 発明塾式「”エッジ情報”探索と活用」セミナー~「チャンス創出」のための情報探索技術(12月1日 東京開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_754.html

・・・


「「「 「雑草だけに除草剤」John DeereのM&A 「「「


こんにちは、「発明塾」塾長の楠浦です。


今回は、過去、発明塾で取りあげた

「エッジ企業」

のM&Aについての情報です。


(機械学習で「雑草だけに除草剤」──米農機大手ジョンディアは、新興ロボット企業の買収で農業を進化させる)
https://wired.jp/2017/10/17/john-deere-lettuce-farming-robot/


記事には

「同社の最初の製品である「LettuceBot」(レタスボット)は、すでに米国のレタス生産の約10パーセントに相当する畑に導入されているという。」

と記載があり、既に広まりつつある技術だと考えられます。


上記記事で取りあげられている

(Blue River Technology)
http://www.bluerivertechnology.com/

は、以前発明塾で

・農業IoT
・農業とAI

についてのエッジ情報を討議した際、見つかった企業です。

 

既にその当時、モンサントやシンジェンタが投資しており、農薬メーカーが買収するのではないかという意見もありましたが、発明塾では、直近のJohn Deere の取り組みに非常に近いものがあるため

「John Deere が買収するのではないか?」

という仮説を立て、討議していました。

 

他にも、農薬ではなく

「レーザー」

を用い、雑草の芽を焼く技術の開発動向なども、討議しました。

最後に、Blue River Technology の特許を見ておきましょう。

 

(Method and apparatus for automated plant necrosis US 9756771 B2)
https://www.google.co.jp/patents/US9756771

 

「次の一手」

の手掛かりを、一連の特許出願から読み取ってみてはいかがでしょうか?

 

 

楠浦 拝

 


「「「 エッジ情報セミナー開催いたします(12月1日@東京) 「「「

● 発明塾式「”エッジ情報”探索と活用」セミナー~「チャンス創出」のための情報探索技術(12月1日 東京開催)
http://www.techno-producer.com/news/detail_754.html


【こんな方は、ぜひ、ご参加をご検討下さい】

ぜひ、お越しいただきたい方は、例えば、以下のような方です。

・「特許情報」にもとづく、研究開発テーマ創出/新事業企画に興味がある方
・「エッジ情報」の考え方を知りたい方
・「エッジ情報」の具体例を、出来るだけ多く知りたい方
・「特許情報」だけからの分析に限界を感じている方
・「投資」情報を活用を検討されている方
・「M&A」「アライアンス先」候補企業の探索を行いたい方


【当日のプログラム】

事例紹介を中心に、適宜「考えていただくための”問い”」を投げかけながら、進行する予定です。

取り上げる事例は、以下の予定です(変更する可能性があります)。

・段ボール/紙製品
・医療用カテーテル
・産業用IoT
・医療用ロボット
・AI
・医療用照明器具
・エネルギー関連製品

など


 

「「「 (ご案内)知的財産教育を、ご担当/ご検討されている皆様へ 「「「

 

e発明塾通信をご利用いただき、誠にありがとうございます。

おかげさまで、弊社の発明・知的財産に関する教育サービス、ならびに、

エッジ特許等の情報提供サービスは、知的財産部門様を中心に196社(*)の企業様にて、

ご利用いただけるまでになりました。
(*2017年4月末時点)

 

この度、各企業様の「知的財産教育ご担当者様」「人材育成ご担当者様」を対象に、弊社の知財・発明教育用eラーニング(イーラーニング)教材であります「e発明塾」を実際に閲覧/ご体験いただける、

「e発明塾体験会/知財教育相談会」(無料)

を開催いたしますので、案内させていただきます。

 

●(無料)知財教育相談会を開催いたします(11月@東京)
http://www.techno-producer.com/news/detail_747.html

 

・ 知的財産教育ご担当者様
・ 人材育成ご担当者様
・ 知財教育、特許情報活用、人材育成にご関心をお持ちの経営者の方(*)

のご参加を、お待ちしております。


* 現在、知財教育・特許情報活用などについて特に担当を設けていないが、
今後、担当を決め推進していきたいとして、経営者の方より、お問いあわせをいただくことがあります。
(訪問ご説明等の対応も可能です、本メール返信にて、お気軽にお問い合わせください)