1. TechnoProducer HOME
  2. お知らせ
  3. (6月22日@東京)投資家の方向け「知財セミナー(第4回)」
 

お知らせ

(6月22日@東京)投資家の方向け「知財セミナー(第4回)」

2019年05月28日

 

 

6月22日(土)に、投資家の方向けの知財セミナー(第4回)を開催します。 


6月22日(土) 知財情報活用セミナー テーマ”医療機器・バイオテクノロジー”



前回は、医療機器分野にて、いくつかの

「今後急成長しそうな企業」

を取りあげ、特許を中心に、その技術と事業を紹介、解説いたしました。


今回は、少し枠を広げ、

「(医)薬品や、バイオテクノロジー」

関連企業も取りあげます。また、これまで何度も参加者された参加者の方より、IR取材の準備として、いくつか討議したい関連企業のご要望をいただいております。それらも、できる限り取りあげます。

「ヘルスケア、医療、薬品、バイオ・ライフサイエンス」

関連企業を、ご要望の企業も含め、できりだけ多く取りあげ、皆様の投資活動に役立てていただくことを、今回の主な目的の一つにします。


その前に、特許を読み慣れていない方は、もちろん、読んでいても

「読みこなせていない」

と感じておられる方のために、

「重要な特許を見分けて読み込む ~ IRヒアリング前(後)に読み込むべき特許とは」

と題して、読むべき特許の見分け方、を、その理由も含めてご説明しようと思っております。


これは、特許を仕事にしている人間には当たり前のことですので、特に難しい内容ではありません。是非知っておいていただきたい内容です。

具体例として、当日取り上げる企業の特許はもちろん、よく知られている、非常に重要な特許の例として、花王、サントリー、3M、コマツ、などの企業の特許も取り上げる予定です。

全て取り上げられるかどうかわかりませんが、時間が許す限り、取り上げたいと考えています。現在、テキスト作成中です。


特許出願、特許取得に秘められた

「こだわりを見抜く」

方法を、伝授します。
(技術者・研究者の方は、お仕事にも、役立つと思います)


もちろん、その後、医療、医薬、ヘルスケア、バイオに関連する企業の紹介、それら企業の

「読むべき特許」

の読み込みと、解説も致します。


読むべき特許や特許の読み方については、毎週配信の

 
でも取り上げています。



楠浦 拝