1. TechnoProducer HOME
  2. 事業で勝てるダントツのエンジニア
 

「ダントツのエンジニアをデザインする」

先人の蓄積を乗り越え、新しい技術思想を生み出す「ダントツの発明力」

「特許発明とは技術思想である」

普通紙コピー機の事業化において、キヤノンの技術者は「技術の本質を見抜き、思想を理解」することで、「それを乗り越える技術」を開発し、難攻不落と言われたゼロックスの特許網を、見事に突破しました。

「先人の蓄積の上に成り立つ先行技術の思想を理解し、それを乗り越える新しい技術思想を生み出す力」

これが、技術者に求められる発明力であると、私たちは考えています。
このような考えを、私たちは自らの発明活動及び発明教育活動を通じて実証してきました。
発明力を鍛える活動実績は、コチラを御覧ください。

事業の保護と加速を両立する「ダントツの知財力」

「特許権の本質は排他権」です

特許は他社の実施(ビジネス)を排除するのであって、技術を保護するものではありません。
「いかに漏れのない特許網を作ったとしても、技術が進化すると、同じ思想を別の手段で実現できるようになる」のです。
そのため、技術の進歩により必ず生じる弱みを解消するために、攻めの特許が必要となります。

「国際標準化とは、多くの人々が広く利用できることを目的にした、普及のアクセルである」

「知的財産権とは、使わせることを制限するブレーキである」

このアクセルとブレーキを巧みに組み合わせながら、大量普及と高収益の同時実現を狙う仕組みづくりが標準化ビジネスモデルであり、その選択を知財権でコントロールする力が求められています。
私たちは「知財で負ければ事業でも勝ち目がない時代」に必要不可欠な、知財スタッフの方々のスキルを、徹底強化する活動を行なっています。
活動実績はコチラを御覧ください。